◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

ナナオ、36.4型/4K×2Kディスプレイ「FDH3601」

−直販288万円。航空管制や地図測量向け


36.4型の4K×2K液晶ディスプレイ「DuraVision FDH3601」

 ナナオは、36.4型の4K×2K液晶ディスプレイ「DuraVision FDH3601」を9月7日に発売する。価格はオープンプライスで、直販価格は288万円。

 36.4型の液晶ディスプレイで、解像度は4K×2K(4,096×2,160ドット)。高解像度表示を活かし、地理情報表示や航空管制、地図測量など、産業市場向けのディスプレイとして発売する。2K×2Kの2画面表示や、QFHD(3,840×2,160ドット)の表示にも対応する。

 輝度は700cd/m2。コントラスト比は1,000:1。応答速度は25ms(黒→白→黒)、8ms(中間階調域)。視野角は上下左右176度。入力端子はDVI-D×2、DisplayPort×2で、使用時にはいずれか2系統入力が必要。DisplayPortはHDCPに対応する。

 画質面では、16bitの多階調化処理や、10bit対応による約10億7,374万色の同時表示に対応。表示ムラを抑えるデジタルユニフォミティ補正回路も備えている。また、24時間連続使用で、2年間の長期保証を行なっている。バックライトは長寿命の白色LEDを採用。人感センサー「EcoView Sense」を備え、離席を検出して電源をOFFにする事で消費電力を抑制する。バックライトの劣化も抑制する。

 消費電力は最大350W、標準で162W。待機時消費電力は6W。スタンドを含む外形寸法は896×323×543〜563mm(幅×奥行き×高さ)。



(2011年 6月 20日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]