◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

リコー、ペンタックスのデジカメ事業をHOYAから買収

−リコーのデジカメの一部でPENTAXブランドを使用


 HOYAは1日、ペンタックスブランドのデジタルカメラなど、PENTAXイメージング・システム事業を、リコーに譲渡すると発表した。譲渡内容はデジタルカメラ、交換レンズ、デジタルカメラ用アクセサリ、セキュリティカメラ関連製品、双眼鏡など光機製品の開発・製造・販売事業。

 リコーは買収後のブランド戦略について、「リコーはデジタルカメラなど製品の一部において、またHOYAは内視鏡等において、ともにPENTAXブランドを使用することになる」と説明している。

 譲渡までの流れとして、HOYAが新会社「ペンタックスイメージングシステム」(仮)を設立。10月1日付(予定)で、会社分割(吸収分割)により、イメージング・システム事業を新会社に承継。その新会社の株式をリコーに譲渡する。新会社の資本金や代表者などは未定。譲渡事業に関係するHOYAの海外子会社・PENTAX VNの株式も、新会社に譲渡される予定。

 なお、ペンタックスのイメージング・システム事業以外のデジタルカメラモジュール、DVD用ピックアップレンズ、内視鏡、人工骨、音声合成ソフトウェアの各事業は、HOYAが引き続き展開していくという。

 HOYAは、2008年3月31日付けでペンタックスを吸収合併した。今回の譲渡については「経営資源の選択・集中に取り組む一環」と説明している。

 リコーは、'36年の創業時より様々なカメラを開発。現在は高級コンパクトカメラ領域に注力しているが、今後もコンシューマ事業の確立を目指してカメラ事業の拡大を予定。ペンタックスが持つ、小型軽量のレンズ交換式カメラ技術やレンズ技術、販売チャネルなどを活用し、事業強化を図る。

 具体的には、今後成長が見込まれるレンズ交換式カメラ市場に向け、デジタルカメラ事業を強化。さらに、撮影された写真の付加価値事業(写真を見る、保管・加工する、コミュニケーションツールとして活用する付加価値サービスなど)の創出。中判デジタルカメラなどを用いたイメージ・アーカイビング事業への参入検討など、その他の事業への拡大も予定。

 リコーは「単純にリコーのデジタルカメラ事業とペンタックスイメージング・システム事業との統合シナジー効果を求めるレベルに留まるものではない。グローバル市場をにらんで、デジタルカメラのみならず、ビデオ会議システム、ネットワークアプライアンス端末など、よりコンシューマにフォーカスした商品サービスを提供したいと考えており、本件買収はその第一歩」としている。

  1日に開催された記者会見については、デジカメWatchの記事を参照されたい。


(2011年 7月 1日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]