◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

自転車/スポーツ向けの「iON」防水720pビデオカメラ

−レディー・ガガのポラロイド製サングラス型カメラも


「iON」ブランドのビデオカメラ「EYE ON the ACTION」

 サミット・グローバル・ジャパンは12日、初のオリジナルブランド「iON」(アイオン)を発表。第1弾製品となるスポーツ向け防水ビデオカメラ「EYE ON the ACTION」を9月下旬に発売する。価格は12,800円。本体色は黒、赤、黄の3種類。

 また、「ポラロイド」製品を扱う同社は、ポラロイドのクリエイティブ・ディレクターを務めるレディー・ガガ(LADY GAGA)が初めてプロデュースする新ラインナップ「GREY LABEL」の立ち上げを発表。7月30日から発売する第1弾製品のスマートフォン向けモバイルプリンタ「GL10」を披露した。価格は17,800円。


カラーは3種類

 「EYE ON the ACTION」は、有効500万画素CMOSセンサーを備えた小型ビデオカメラ。自転車やウインタースポーツ、マリンスポーツなどでの利用を想定している。自転車用のマウントキットが付属するほか、ヘルメットや自動車に装着するアダプタも今後発売予定。防水キャップが付属し、20mまでの防水に対応する。LEDライトも備え、自転車のライトとしても利用できる。

 1,280×720ドット/30fpsのAVI動画撮影と、2,560×1,920ドットのJPEG静止画撮影が可能。120度の広角レンズを備える。記録メディアはmicroSD/SDHCカードで、32GBまで対応。なお、動画撮影中は約20分で1ファイルとなり、撮影が停止する。連続して撮影を続けた場合のバッテリの持続時間は2〜2.5時間で、充電時間は約3時間。外形寸法は36×41×90mm(幅×奥行き×高さ)、重量は75g。


重さは75g 自転車に取り付けたところ 装着例。ヘルメット用アダプタの発売も予定している
LEDライトとしても使える 天面の操作ボタン 背面にUSB端子などを備える。付属のカバーをつけると防水に


■ レディー・ガガによる新ブランド発表。サングラス型ビデオカメラも

iONブランドのロゴと説明

 「iON」は、サミット・グローバル・ジャパン初のオリジナルブランドで、ブランド名は「EYE ON」が由来。「自分の見ている対象物に目線を合わせる」という意味を込めている。今後も、主にビデオカメラの製品ブランドとして展開予定。

 新製品の「EYE ON the ACTION」は、“ウェアラブルカメラ”(身に着けるカメラ)としており、機能を絞ったことで小型化/軽量化を実現。メインターゲットはサイクルスポーツ/マリンスポーツ/ウィンタースポーツの競技者/愛好家だが、幅広いユーザーに向けてリーズナブルな価格を実現したとしている。


サミット・グローバル・ジャパンの高田克之氏

 iON製品の説明をしたサミット・グローバル・ジャパンの執行役員 リテール・法人ビジネス部部長の高田克之氏は、プロ野球の公式戦で主審のマスクにカメラを付けた撮影が導入されたことや、モトクロス競技においてヘルメットやゴーグルにカメラを着けて撮影することが承認されたことなどを紹介。

 また、ビデオカメラ市場では、GfKの調査で単価が下がっている一方で台数が増えているということや、BCNの調査で、ビデオカメラ全体のうち、重さ200g未満のビデオカメラが占める割合が2010年3月に11.6%まで伸びたことも挙げ、「我々にとって、進むべき方向を鼓舞してくれるニュース。今後もウェアラブルカメラが一つの市場として認知されるように邁進したい」と述べた。


レディー・ガガとポラロイドのコラボレーションで「GREY LABEL」が生まれた

 サミット・グローバル・ジャパンは、2009年より「ポラロイド」のイメージング製品事業を展開。2010年1月には、ポラロイド製品のクリエイティブ・ディレクターにレディー・ガガが就任。「世界的なトレンドリーダーであるレディー・ガガのクリエイティビティをポラロイド製品のコンセプトやデザインに活かすことで、これまでのポラロイドファンのみならず、新しい世代のファンの獲得を目指す」としている。

 今回発表した「GREY LABEL」は、レディー・ガガとのコラボレーションで生まれたブランド。新製品として、モバイルプリンタの「GL10」と、サングラス型のビデオカメラ「GL20」、インスタントモバイルカメラ「GL30」を展開。このうち、「GL10」を7月30日に発売することを明らかにした。

 GL10は、11.3×14.9×2.8cm(幅×奥行き×高さ)、400gの筐体で、スマートフォンで撮影した静止画を、Bluetoothでワイヤレス伝送して、専用紙に印刷が可能。インクカートリッジやリボンが不要な「ZINK」の第2世代印刷技術を採用しており、印刷サイズは従来モデルの2倍となる3×4インチ(7.6×10.2cm)に対応。3×4インチの専用紙は30枚入り1,980円でGL10と同日に発売する。

 Android用のアプリ「Polaroid Grey Label App」を無料で公開。様々なフレームを付加するなど加工して印刷可能となっている。Windows/Mac用のソフトも提供する。Bluetoothの他に、USB接続接続も可能(PictBridge対応)となっている。

モバイルプリンタのGL10 スマートフォンからBluetoothで画像送信/印刷 レディー・ガガからのメッセージ
GREY LABELのサングラス型ビデオカメラ「GL20」
 GL10以外のGREY LABEL製品としては、サングラス型のビデオカメラ「GL20」やインスタントカメラ「GL30」を紹介。詳細は明らかにされなかったが、2011年末〜2012年春に発売予定となっている。「GL20」は、装着した人の視点で動画撮影が可能となっており、外側にも映像を映し出すことで、周りの人とも映像をシェアできることが特徴だという。

 また、これらの他にもインスタントカメラの新製品を予告。2003年のPolaroid ONE、2010年のPolaroid TWOに続く後継機「Polaroid THREE」(Z340)を2011年秋に発売予定とした。前述のプリンタGL10と同様にZINKの第2世代印刷技術を採用し、3×4インチの印刷が可能な1,400万画素デジタルカメラ。2.7型液晶で、印刷前のプレビューが可能となっている。なお、これはGREY LABELの製品ではない。


GL20は、撮影者の側と、外側のどちらにも映像が表示できるという インスタントカメラのGL30
GREY LABEL製品などを説明した執行役員 商品戦略・マーケティング部の永冨泰高部長
秋に発売予定のPolaroid THREE


(2011年 7月 12日)

[ AV Watch編集部 中林暁]