◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

ソニー、スカパー! HDチューナ内蔵BDレコーダ

−「BDZ-SKP75」。500GB内蔵でUSB HDDにも対応


スカパー! HD用チューナを内蔵した「BDZ-SKP75」

 ソニーは、スカパー! HD用チューナを内蔵したBDレコーダ「BDZ-SKP75」を10月22日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は11万円前後。500GBのHDDを内蔵する。




■スカパー! HDチューナを内蔵

 最大の特徴は、地上/BS/110度CSデジタルチューナを各2基と、スカパー! HDチューナも本体に内蔵した事。スカパー! HDも含めて、最大3チャンネルの同時録画ができる。なお、視聴や録画ができるのはスカパー! HD放送のHDチャンネルのみ。

 従来のスカパー! HD録画は、LAN経由での録画だったが、内蔵になったことで制限が緩和。従来は非対応だった「おまかせ・まる録」でのスカパー! HD番組の録画が可能になり、録画モードもDRモードのみから、AVCの長時間録画も選べるようになった。BDレコーダにUSB接続した外付けHDDへの録画も可能。

 番組表も、BDレコーダ側の番組表でスカパー! HDの番組がチェックでき、予約録画が可能。チャプター付与も従来は6分間隔だったが、SKP75ではおまかせチャプターが利用できる。

「BDZ-SKP75」の背面。スカパー! HD用のアンテナ入力を備えている フロントの右側にB-CASカードとスカパー!のICカードを挿入するスロットを装備

 なお、スカパー!では、同じ番組が何度も繰り返し放送されるのが特徴だが、これに合わせた専用アルゴリズム「かしこく録画」を装備し、二度録りを回避している。この機能はスカパー! HD放送のみで利用可能。

 例えば、連続ドラマの第1話を放送途中から録画し、2話目以降を「番組名予約」した場合、2話以降を録画するだけでなく、1話の再放送も探し出して録画してくれる。さらに、既に録画している話数が再放送されても、二度録りはしない。これは、ドラマのタイトル名だけでなく、その後に続く“3話”、“4話”といった話数情報も認識する事で実現している。

左が「BDZ-SKP75」のリモコン 放送選択ボタンの部分に、青い「スカパー! HD」用ボタンを備えている


■その他の特徴

「BDZ-SKP75」

 HDDは500GBを内蔵。USB接続のHDDを増設する事も可能で、一度に接続できるHDDは1台だが、最大10台まで登録できる(利用時にレコーダへ登録が必要。登録すると、保存データは全て消去される)。USB HDDは2TBのものまで使用可能。HDDに「お父さん専用」、「ドラマ専用」などの名前を付ける事もできる。外付けHDDと内蔵HDD間でのコピー/ムーブや、外付けHDD録画中の別番組再生、おまかせチャプターの付与、ダイジェスト再生、追いかけ再生といった機能も使用できる。

 ただし、内蔵HDDと比べ、USB HDDには録画機能やダビングに一部機能制限がある。USB HDDの主な制限事項は以下のとおり。

  • USB HDDへの複数番組の同時録画
  • 「x-おまかせ・まる録での自動録画」、「リモート録画」、「スカパー! HD録画」(外部チューナからの録画)、「CATV LAN録画」に非対応
    (※内蔵スカパー! HDチューナを使い、外付けUSB HDDへの録画は可能)
  • USB HDDからBDやDVDへ直接ダビングはできない
  • USB HDDに記録した番組を、DLNAのソニールームリンク機能を使ってネットワーク配信する事はできない
  • USB HDDから対応機器へのおでかけ転送は非対応(内蔵HDDに録画番組を移動した後で、おでかけ転送)
  • 静止画の保存

 高画質化回路の「CREAS 4」を搭載。「CREAS」高画質化機能である超解像、精細感調整、輪郭調整、クリアブラックの機能が、3D映像にも適用できるようになった。3D映像の高画質化は「おまかせ画質モード」にも適用され、モニターの種類と、お好み画質モード(リビングおまかせ、シアターおまかせ、パワフルおまかせ)から1つを選択する事で、再生している映像素材を識別し、3Dに最適なモードに自動調整してくれる。また、ソニーがおすすめするカスタム値に、「BDシネマ3D」を追加した。

 「AVCHD Ver.2.0」にも対応し、3Dビデオカメラなどで3D映像を撮影するための「AVCHD 3D」と、1080/60p映像「AVCHD Progressive」の映像を取り込める。

 ソニールームリンク、スカパー! HD録画、CATV LAN録画に対応。PlayStation 3用の地デジチューナ「torne」とLAN経由で連携する「レコ×トルネ」にも対応する。別売のUSB無線LANアダプタ「UWA-BR100」の接続にも対応する。

 番組表ボタンを押すと電源がONになる、0.5秒瞬間起動や、番組表からの一発予約といった機能も用意。らくらくスタートメニューや、書きだしたBDメディアからのムーブバック機能、アクトビラやTSUTAYA TVにも対応する。

 端子は、HDMI出力、D4出力、コンポジット入出力、S映像入出力、アナログステレオ音声入出力、光デジタル音声出力を各1系統装備。USB端子も備えている。外形寸法と重量、消費電力は430×283×56mm(幅×奥行き×高さ)、約3.6kg、42W。年間消費電力は約33.6kWh/年。


(2011年 8月 23日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]