◇ 最新ニュース ◇

2014年7月25日

2014年7月24日

2014年7月23日

【Watch記事検索】

ソニー、3D対応の有機ELヘッドマウントディスプレイ

−実売6万円。750型スクリーンを20mから見た映像


「HMZ-T1」を装着したところ

 ソニーは、有機ELパネルを内蔵し、3D表示にも対応したヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T1」を11月11日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は6万円前後。

 ソニー製の0.7型/1,280×720ドット有機ELパネルを2枚採用したヘッドマウントディスプレイ。装着する事で、750インチのスクリーンを20mの距離から視聴したような大画面が楽しめるという。この画面サイズと視聴距離は、大型映画館の中央の席から見た感覚に相当する。なお、使用対象年齢は「子供の成長過程への影響などを考慮し、小中学生と幼児(15歳以下の子供)には使用させないようお願いする」としている。また、メガネをかけたままでも装着可能。

 最大の特徴は、新開発の0.7型「HD有機ELパネル」を採用した事。有機ELならではの高いコントラストや高色域を活かし、高精細で鮮やか、動きの速い映像も滑らかに表示できるという。さらに、8bitの映像を14bit相当の階調表現でパネルに出力する独自のSBMV(スーパービットマッピング)技術も採用している。


HMZ-T1 HMZ-T1のディスプレイ部 HD有機ELパネル
1,280×720ドットの有機ELパネルを採用 視力に合わせてレンズ位置を調節する。メガネをかけたままでも装着可能
裏面。レンズ調節スライドボタンなどを備えている

 さらに、左右の目用に別々の映像を表示できるため、3D映像の表示にも対応。3D対応の大画面テレビなどで採用されているフレームシーケンシャル方式や、ラインバイライン方式などと比べ、左右の映像が混ざり合って二重に見えるクロストークが原理的に発生せず、偏光板やシャッターを介する必要も無いため、明るくてクリアな3D表示ができるとしている。ソニーではこの方式を「デュアルパネル3D」と呼んでいる。

 対応する3D映像は、フレームパッキングとサイドバイサイド、トップアンドボトム。

 システムはヘッドマウントユニット部と、プロセッサや入力端子を備えたプロセッサーユニットで構成。ユニットにHDMI(Ver.1.4)入力を1系統備えており、BDレコーダやPlayStation 3などを接続。プロセッサとヘッドマウントユニットは独自のケーブル1本で接続する。このケーブルは3.5mあり、AV信号と電力を1本で供給できるのが特徴。また、プロセッサユニットにはHDMI出力も1系統備えているため、テレビなども接続し、HDMIスイッチャーとして使う事もできる。


ヘッドマウントユニット部分 ヘッドマウントユニットの側面上部にあるボタンを押すと、バンド部分の長さ調節ができる ヘッドマウントユニットとプロセッサユニットで構成される
ヘッドマウントユニットとプロセッサは専用ケーブル1本で接続する

 

新開発の光学レンズ
 ヘッドマウントユニットは、横幅が210mm、高さが126〜142mmで可動、奥行きは257mmの範囲で可動する。後頭部にあたる部分がバンドのようになっており、長さを調節して頭部に固定する。前方裏に備えたコントロールキーにより、音量調整やHDMI機器の再生/停止、早送り/戻し、チャプタスキップなどの操作が可能。センサーも備えており、非装着時には自動でスタンバイ状態に移行し、消し忘れを防ぐ。

 

 有機ELパネルと目の間には、独自の工夫を施したという光学レンズを採用。約45度の広視野角を実現したという。45度の範囲にある画面以外の部分は暗い領域になるが、その暗さを維持し、余分な光が外から入らないようにするため、目の下の隙間を少なくする「ライトシールド」と呼ばれる取り外し可能なパーツも用意。これをユニットの下側に装着する事で、視界が全て闇に覆われ、その中央に有機ELの画面が表示されるようになり、没入感が高まるという。

額に触れて固定するパーツ部分 ライトシールド ライトシールドを取り付けたところ

 左右の耳の部分にはスピーカーも装備。Virtualphones Technologyも採用しており、5.1chのバーチャルサラウンド再生が可能。サラウンドモードはスタンダード、シネマ、ゲーム、ミュージックから選択可能。なお、HDMI経由の音声入力はリニアPCMの5.1chまで対応しており、DTSやドルビーデジタル、HDオーディオなどには非対応。これらの音声は、BDレコーダ/プレーヤー側でPCMのマルチチャンネルにデコードした上でHDMI送信する形となる。

 ヘッドマウントユニットの重量は約420g。プロセッサユニットの外形寸法は180×168×36mm(幅×奥行き×高さ)。消費電力は15W、待機時消費電力は0.35W。

スピーカーも装備している ヘッドマウントユニットの重量は約420g

(2011年 8月 31日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]