◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

ドコモ、ゲームパッドを備えたスマホ「Xperia PLAY」

−みんなのGOLFなどゲームも搭載。10〜11月発売


Xperia PLAY SO-01D

 NTTドコモは、ゲーム用の操作ボタンやタッチパッドを備えたソニーエリクソン製のスマートフォン「Xperia PLAY SO-01D」を10月〜11月に発売する。10月中旬以降に全国のドコモショップで予約受付を開始する。

 Xperia PLAYはスライド型のボディに、ゲーム用の操作ボタンやタッチパッドを装備。Android端末における初代プレイステーション(PS1)のゲームソフト動作を認定する、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)のPlayStation Certified認定を世界で初めて取得しており、ゲームを楽しめる点が特徴。

 「クラッシュ・バンディクー」や「みんなのGOLF 2」など5タイトルのゲームをプリインストール。また、PlayStation StoreやXperia Play用ゲームを楽しめる「Xperia PLAY Game Launcher」、Androidマーケットなどからゲームを入手可能となっている。


ゲーム用の操作ボタンやタッチパッドを装備する 背面にカメラなどを装備

 ディスプレイは4型/854×480ドットでマルチタッチに対応。512MBのメモリを内蔵するほか、micorSDカードスロットを装備し、最高32GBまでのカードに対応。プロセッサはSnapdragon MSM8255 1GHzで、Adreno 205 GPUも搭載する。GPSやIEEE 802.11b/g/n無線LAN、Bluetoothなども内蔵。Androidのバージョンは2.3。テザリングにも対応する。

 510万画素CMOSカメラを搭載し、オートフォーカスやタッチフォーカスに対応。手ブレ補正機能やビデオ録画にも対応する。720p/30fpsのMP4動画撮影も可能となっている。ソニーエリクソン独自のミュージックプレーヤーアプリを搭載。Infiniteボタンを押すことで、Wikipedia上のアーティスト情報や、Googleの歌詞情報、YouTube上のコンテンツなどに簡単にアクセスできる。楽曲認識技術「TrackID」も搭載。ステレオスピーカーも備えている。

 Flash Player 10.3やYouTube再生にも対応。TwitterやFacebookアプリも備えているほか、Gmail、Google Calender、Google Mapなどのサービス、Androidマーケットも利用できる。待受時間は480時間(3G)/300時間(GSM)、通話時間は約340分(3G)/約450分(GSM)。外形寸法は120×62×16.4mm(縦×横×厚み)、重量は175g。


(2011年 9月 14日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]