◇ 最新ニュース ◇

2014年11月20日

2014年11月19日

2014年11月18日

【Watch記事検索】

オーテク、オープン型ヘッドフォン4モデル

−53mmドライバの「ATH-TAD500」など


ATH-TAD500

 オーディオテクニカは、オープンエアー型のヘッドフォン4モデルを10月14日より発売する。53mmドライバ搭載の「ATH-TAD500」、40mmドライバの「ATH-TAD400」、「ATH-TAD300」、TAD300のロングケーブルモデル「ATH-TAD300TV」をラインナップする。

 価格はオープンプライスで、店頭予想価格はTAD500が7,000円前後、TAD400が5,000円前後、TAD300が3,000円前後、TAD300TVが4,000円前後。

 ATH-TAD500は、オープンエアー専用設計の53mm径CCAWボビン巻ボイスコイルドライバを搭載。スムーズな空気の流れを実現する新設計アルミハニカムパンチングケースとアルミリングを採用し、不要振動を抑制する。出力音圧レベルは96dB/mW、再生周波数帯域は15Hz〜27kHz、最大入力は700mW、インピーダンスは35Ω。重量は275gで、ケーブル長は3m。


ATH-TAD400

 ATH-TAD400は、40mmドライバを搭載したオープンエアーヘッドフォン。専用のCCAWボイスコイルドライバーにより厚みのある再生音を実現したという。アルミハニカムパンチングケースを採用。イヤーパッドはベルベット調としている。出力音圧レベルは93dB/mW、再生周波数帯域は18Hz〜25kHz、最大入力は500mW、インピーダンスは35Ω。重量は240gで、ケーブル長は3m。


ATH-TAD300/TAD300TV

 ATH-TAD300/TAD300TVは、40mmドライバを搭載したオープンエアーヘッドフォン。ハニカムパンチングケースも採用する。ケーブル長はTAD300が3mで、TAD300TVが5m。また、TAD300TVのみ手元で音量調整や、ステレオ/モノラル、2カ国語放送切り替え可能となっている。

 専用の布製イヤーパッドを採用。出力音圧レベルは93dB/mW、再生周波数帯域は20Hz〜22kHz、最大入力は300mW、インピーダンスは34Ω。重量は230g。



(2011年 9月 20日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]