◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

Xperia arcなど4機種アップデート。PSゲーム対応など

−ドコモのarc/acro/rayと初代Xperia。テザリングも


Xperia arc SO-01C

 ソニー・エリクソンは、NTTドコモから発売中のAndroidスマートフォン「Xperia」4モデルを11月7日より順次アップデートすると発表。PlayStation Certifiedやテザリング、エリアメールなどに対応する。

 対象モデルは「Xperia SO-01B」、「Xperia arc SO-01C」、「Xperia acro SO-02C」、「Xperia ray SO-03C」。更新内容は機種により異なる。

 アップデートにより、Xperia arc/acroの2モデルはPlayStation Certifiedに対応。ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が運営するPlayStation Storeから、初代「プレイステーション」のゲームをダウンロードして楽しめる。Xperia arc/acro向けのコンテンツ配信開始は12月上旬を予定。PlayStation Storeへのアクセスには、PlayStation Storeアプリなどのダウンロードも必要だが、ダウンロード方法については後日案内するという。

 また、同じくXperia arc/acroは新たにテザリングにも対応。無線LANルーターとして、ノートPCなど最大5台の機器と接続できる。さらに、カメラはデジタル16倍ズームに対応(静止画のみ)。アプリ管理の面では、アプリトレイからダイレクトにアプリのアンインストールが可能になる。そのほか、Xperia arc/acro/rayの3機種は、閲覧中の画面のスクリーンショットにも対応する。


Xperia acro SO-02C Xperia ray SO-03C 初代モデルのXperia SO-01B

 Xperia acroのみの機能アップデートとして、ワンセグ音声をBluetooth伝送可能になり、ヘッドセットなどで聴くことができるようになる。初代Xperiaとarc/acroの3機種は、エリアメールにも対応する。

 アップデート方法はパソコン接続とパケット通信の2通りに対応し、パソコン接続によるアップデートは4機種とも11月7日より開始。パケット通信は機種によって異なり、「Xperia SO-01B」と「Xperia ray SO-03C」は11月7日、「Xperia arc SO-01C」は11月10日、「Xperia acro SO-02C」は11月15日より開始する。アップデート方法などの詳細はNTTドコモのページで案内している。



(2011年 11月 4日)

[ AV Watch編集部 中林暁]