◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

アップル、初代iPod nanoバッテリ過熱問題で交換を開始

−'05年9月〜'06年12月販売のモデルが対象


初代iPod nano

 アップルは11日、初代iPod nanoにおけるバッテリ過熱問題で、本体の交換プログラムを開始すると発表した。

 対象となるのは、2005年9月〜2006年12月に販売された初代iPod nano。バッテリに欠陥があり、これまで複数のユーザーから本体焼損などの事故が報告された。経産省や消費者庁はアップルに対して再発防止対策などを求めており、これを受けて同社は「バッテリが実際に過熱した場合」や、「バッテリ自体に不安を感じる場合」には、バッテリの交換に応じていた。

 アップルは、今回の交換プログラム開始について「製造上の欠陥があるバッテリーを生産した特定のバッテリーメーカーに原因があることが分かっている。過熱事故が発生する可能性はきわめて低いとはいえ、バッテリーの経年に伴ってその可能性は高くなる」と説明している。なお、この問題は初代nanoに限られたもので、他のモデルには影響はないという。

 手続きはサポートサイト上で行ない、該当品を同社に送ることで交換される。同社に到着してから交換品が届くまでは約6週間かかるという。



(2011年 11月 14日)

[ AV Watch編集部 中林暁]