◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

パナソニック、無線連携/配信強化した「ブルーレイDIGA」

−3番組録画中のBD再生/DTCP配信。HDMI×2やQi対応も


DMR-BZT920

 パナソニックは、Blu-rayレコーダ「ブルーレイDIGA」の新モデル6製品を2月20日より発売する。

 上位モデルのDMR-BZT920/BZT820/BZT720は、無線LANで対応VIERAと直接接続できるシンプルWi-Fi機能を搭載。無線LANルータを介さずに「お部屋ジャンプリンク(DLNA)」でVIERAなどと連携できる。また、3チューナを搭載し、スカパー! HDチューナを同時に使用することで、最大4番組の同時録画が可能。BZT920は、無接点充電規格「Qi」に対応し、Qi対応のスマートフォンやバッテリの充電が可能なほか、2系統のHDMIや各種高音質パーツを搭載するなど、音質/画質にこだわった最上位モデルとなる。

 全モデル別売のUSB HDDにも対応し、最大8台まで登録可能。操作メニューも新たに「かんたんスタートメニュー」を搭載したほか、録画機能も強化。また2012年春よりスタート予定のVODサービス「もっとTV」にも対応する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は6万円〜22万円前後。


型番 HDD チューナ シンプル
WiFi
Qi 店頭予想価格
DMR-BZT920 2TB 3 22万円前後
DMR-BZT820 1TB - 13万円前後
DMR-BZT720 500GB 10万円前後
DMR-BWT620 1TB 2 - 10万円前後
DMR-BWT520 500GB 85,000円前後
DMR-BRT220 1 6万円前後

 全モデルがBlu-ray 3Dの再生に対応するほか、「1秒番組表表示」や「1秒録画一覧表示」、「1秒ディスクトレイオープン」など操作性を向上。シリーズ録画などの細かな録画機能の追加や、「お部屋ジャンプリンク(DLNA)」の同時動作制限を大幅に緩和するなど多くの機能強化を行なった。

DMR-BZT920 DMR-BZT820 DMR-BZT720
DMR-BWT620 DMR-BWT520 DMR-BRT220

■ 「まとめて予約」や15種類の録画モードに対応

USB HDDへの録画に対応

 DMR-BZT920/BZT820/BZT720は地上/BS/110度CSデジタルトリプルチューナを搭載。DMR-BWT620/BWT520はダブルチューナ、DMR-BRT220はシングルチューナとなる。全モデルで、Ethernetを使ったスカパー! HD録画に対応。トリプルチューナ機では、最大4番組の同時録画に対応する。

 内蔵HDDは、BZT920が2TB、BZT820/BWT620が1TB、BTZT720/BTW520/BRT220が500GGB。また、別売のUSB HDDにも対応し、HDDを接続して容量を拡張できる。USB HDDの複数台同時接続はできないが、最大8台まで登録可能となっている。対応HDDについては同社ホームページで案内している

 MPEG-4 AVC/H.264エンコードによる長時間録画にも対応。BSデジタル放送の場合、最大15倍(1.6Mbps)の長時間録画が行なえる。また、AVC録画モード数は従来の6から21モードまで拡大。1.5〜15倍までを選択可能になり、ディスクへのダビング時にディスク残量に合わせた細かいモード選択ができるようになった。ジャンル最適エンコードに対応し、アニメモードも搭載する。

録画モード ダビング時に録画モードを変更できる
番組表

 最大2カ月先までのNHK/WOWOW/スターチャンネルのおすすめ番組情報を表示する機能も搭載。ネットサービス「ディモーラ」による遠隔録画予約や、「ミモーラ」による録画番組検索/シーン頭出しにも対応する。

 「1秒番組表表示」、「1秒録画一覧表示」など番組表の起動や録画リストの呼び出しも高速化。「1秒ディスクトレイオープン」にも対応し、電源OFF時にトレイオープンボタンを押すと、1秒でトレイが開き、素早くBD/DVD視聴できる。


ジャンル別番組表 WOWOWの一カ月番組表 注目番組
「まとめて予約」

 また、「プロ野球全試合」など、シリーズ番組や番組グループを選んで最大128番組までを丸ごと自動で録画予約できる「まとめて予約」も搭載。放送時間や放送局が異なる番組でも選んだシリーズにあわせて録画できる。野球なら「阪神戦だけ」といった指定も可能。録画番組のシーン一覧表示にも対応。見たい番組を選んで「一時停止(シーン一覧)」ボタンを押すだけでシーン一覧を表示し、録りためた番組を見たいところから再生できる。

シーン一覧「野球」 シーンを選択 シーン一覧「ドラマ」

■ 無線連携。お部屋ジャンプリンクの同時配信を大幅改善

無線LAN接続設定。VIERAと直接接続が可能に

 特徴は無線LAN対応の強化。無線ブロードバンドルータを利用せずに、機器同士の無線LAN接続を可能にするため「シンプルWi-Fi」を搭載。シンプルWi-Fi対応のVIERAなどと、ルータなしで無線LAN接続が可能になる。Wi-Fiアライアンスが策定した「Wi-Fi Direct」規格に準拠している。

 DTCP-IP/DLNA対応のVIERAに番組をストリーミング配信する「お部屋ジャンプリンク」に対応。お部屋ジャンプリンクの同時動作を改善し、3番組同時録画(DRモード)+BDビデオ再生時においてもお部屋ジャンプリンクの転送が可能になった(BZT920/820/720)。

 また、DIGAのチューナで受信中の番組を、対応機器にストリーミング配信する「放送転送」にも対応。BZT920/820/720では、2番組同時録画中でも対応の「お風呂テレビ」や「キッチンテレビ」に配信できる。

 複数のDIGA(2008年以降発売のお部屋ジャンプリンク対応モデル)が家庭内ネットワークにある場合、録画一覧から「家じゅう」ラベルを選択することで、家庭内の全てのDIGAの録画番組をまとめて、表示、再生できる。最大10台、番組数4万番組まで表示できるとしている。

「家じゅう」のDIGAの録画番組を一覧表示 かんたんスタートメニュー スタートメニュー
星占い

 ネットワークサービスの「ビエラ・コネクト」にも対応。radiko.jpなどのアプリのほか、民放キー局5社が中心となり、2012年春よりスタート予定のVODサービス「もっとTV」に対応。リモコンのもっとTVボタンを押すだけで、各局が提供する番組にアクセス可能で、見逃し番組などを楽しめる。

 写真共有サービスの「PicMate」も強化。対応のDIGA間で写真を送受信できるほか、新たにMP4動画の共有にも対応。また、動くアルバムメーカーで作成したアルバムをMP4に変換し、思い出アルバムを共有できる。



■ 旧作モードで古い映画も高画質化

 ムービー連携機能も強化し、AVCHD 3DとAVCHD Progressiveに対応。AVCHD 3D動画の取り込みやディスクへのダビングに対応するほか、60p記録データをBDにダビングできるようになった。

 HDMI出力はBZT920が2系統、そのほかは1系統となる。Blu-ray 3Dの再生に対応するほか、リアルクロマプロセッサなどの高画質化機能を搭載。BRT220以外の5モデルは2D-3D変換機能を搭載するほか、「3D奥行きコントローラー」も装備。奥行き感などを調整できる。

DMR-BZT920の背面 DMR-BZT820の背面

 画質関連の新機能としては、制作時期が古い映画やアニメなどをすっきりと見やすい画質に改善する「旧作モード」を搭載。原画の解像度を自動的に検出し、映像信号の帯域やノイズを最適化する。旧作モードは、HD/SD放送番組再生時(HDD、BD-R/RE、AVCREC、DVD-VR)に適用できる。

 また、各モデル薄型化を図っており、BWT620/520とBRT220は高さ41.5mmを実現。薄型ラックにもすっきりと設置できる。BRT220は、年間消費電力量約18.9kWh/年を実現。待機時消費電力は0.02Wまで低減している。また、リモコンに「エコ待機」ボタンを搭載し、このボタンを使用することで、待機電力を最小化できるという。

DMR-BZT920のリモコン DMR-BZT820/720のリモコン DMR-BWT620/520のリモコン DMR-BRT220のリモコン

■ プレミアムモデルの差異化ポイント

 最上位モデルの「DMR-BZT920」は、天板に無接点充電規格「Qi」(チー)対応の充電部を装備。天板にQi対応スマートフォンやバッテリを置くと、天板のサークルが自動で検知し、充電を開始する。なお「エコ待機」、「シアターモード」時はQi使用はできない。また、充電中にスマートフォンで撮影した写真のDIGAへの自動取込にも対応予定で、後日Androidスマートフォン用アプリを公開するという。

 高画質化/高音質化技術を多数搭載。HDMIはBZT920のみ2系統となる。また、「ディテールクラリティプロセッサ for BD」を進化させ、フルHDの繊細感を高める効果や、先鋭感を抑えた滑らかな画質に調節する機能を搭載する。

 システム動作をLSIレベルで一部停止し、ノイズを抑える「インテリジェントローノイズシステム」や、HDMI低ジッタークロックシステム、真空管サウンド、32bit/192kHzオーディオDAC、高音質コンデンサ、HDMI金メッキ端子なども採用。電源は3芯タイプのACインレットで、10mmOFC電源ケーブルが付属する。

【スマートDIGA】

型番 DMR-BZT920 DMR-BZT820 DMR-BZT720
HDD容量 2TB 1TB 500GB
デジタル
チューナ
3
出力端子 HDMI×2
コンポジット×1
光デジタル音声×1
同軸デジタル音声×1
アナログ音声(2ch)×1
HDMI×1、コンポジット×1
光デジタル音声×1
アナログ音声(2ch)×1
入力端子 コンポジット×1、アナログ音声(2ch)×1
i.LINK 2端子(1系統) 1(1系統)
USB 3(前面×2、背面×1)
SDカード
消費電力 約28W 約26W 約25W
待機時消費電力 クイックスタート「切」時
時刻表示OFF 約0.02W
クイックスタート「入」時
時刻表示ON 約4.7W
時刻表示OFF 約3.1W
クイックスタート「切」時
時刻表示OFF 約0.02W
クイックスタート「入」時
時刻表示ON 約4.1W
時刻表示OFF 約2.8W
外形寸法
(幅×奥行き×高さ)
430×199×68mm 430×199×59mm
重量 約3.6s 約2.9s 約2.8s

【ブルーレイDIGA】

型番 DMR-BWT620 DMR-BWT520 DMR-BRT220
HDD容量 1TB 500GB
デジタル
チューナ
2 1
出力端子 HDMI×1
コンポジット×1
アナログ音声(2ch)×1
入力端子 コンポジット×1、アナログ音声(2ch)×1 -
i.LINK
(DV入力/TS入出力兼用)
1端子(1系統)
USB 1(背面×1)
SDカード
消費電力 約22W 約21W 約18W
待機時消費電力 クイックスタート「切」時
時刻表示OFF 約0.02W
クイックスタート「入」時
時刻表示ON 約4.7W
時刻表示OFF 約2.9W
クイックスタート「切」時
時刻表示OFF 約0.02W
クイックスタート「入」時
時刻表示ON 約4.4W
時刻表示OFF 約2.6W
外形寸法
(幅×奥行き×高さ)
430×199×41.5mm
重量 約2.3s

(2012年 2月 7日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]