◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

ニコ生配信ツール「Niconico Live Encoder」を無償公開

−Windows専用。簡単にニコニコ生放送を


ログイン画面

 ニワンゴは、動画コミュニティサービス「ニコニコ動画(原宿)」のニコニコ生放送専用の配信ツール「Niconico Live Encoder」を提供開始した。ニコニコ生配信を行なうユーザーは無料で利用可能で、対応OSはWindows XP/Vista/7。

 なお、ニコニコ生放送を行なうためにはニコニコ動画のプレミアム会員登録が必要となる。また、Macintosh版については「開発中だが、時期は未定」としている。

 ニコニコ生放送の「ユーザー生放送」を簡単に高画質で配信できる専用ツール。SplitmediaLabsの生放送配信エンジン「XSplit White Label Toolkit」をベースにニコニコ生放送向けのインターフェースを追加している。

 Webカメラなどパソコンに接続した映像機器を読み込み、リアルタイムでユーザー生放送が可能。ニコニコ生放送に適した画質などがあらかじめ設定されているため、「放送開始」ボタンを押すだけで簡単に配信できるという。また、解像度などの詳細設定も可能となっており、512×288ドットや640×360ドットなどが選択可能。


メイン画面 解像度を選択 ビットレートを選択 音質重視設定
アイテムごと設定

 ビットレートは数値を直接指定できないものの、「画質重視」や「音質重視」、「モバイル配信」の3種類が用意され、配信の用途に合わせて設定できる。

 また、カメラやBMP、JPEG、GIFなどの画像、avi、swf、MP3、MP4などのメディアファイル、画面キャプチャーなどを配信中の画面に追加でき、追加したアイテム毎に色彩設定やクロマキー合成を行なうことができるなど、ビデオミキサー機能も備えている。音声キャプチャーや、配信番組の録画にも対応する。


画質重視設定画面 クロマキー合成 3D回転 画面キャプチャ

(2012年 2月 9日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]