◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

アップル、iOS 5.1を公開。Siriの日本語対応など

フォトストリームからの削除やTV/映画音声最適化も


アップデート内容

 アップルは8日、iPhone/iPad/iPod touchのiOSを5.1にアップデートした。

 iOS 5.1へのアップデートにより、音声認識を使った“パーソナル秘書”機能のSiriが日本語にも対応。ただし、初期のサービス開始時は、使用が制限されている場合があるという。

 そのほか、フォトストリームからの写真の削除や、iPhone 3GS/4/4Sと第4世代iPod touchのロック画面へのカメラのショートカット常時表示といった機能が追加される。さらに、バッテリの寿命に影響するバグも修正する。アップデート内容は下記の通り。



  • Siriで日本語をサポート(初期のサービス開始時には、使用が制限されている場合がある)
  • フォトストリームから写真を削除できるように変更
  • iPhone 4S、iPhone 4、iPhone 3GS、およびiPod touch(第4世代)のロック画面にカメラのショートカットが常時表示されるように変更
  • カメラの顔検出機能で検出されたすべての人がハイライトされるように変更
  • iPad用のカメラAppを再設計
  • iTunes Match登録者用のGenius MixとGeniusプレイリスト
  • iPadのテレビ番組と映画のオーディオがより大きく明瞭に聴こえるように最適化
  • 再生速度の変更と30秒の巻き戻しが可能なiPad用のPodcastコントロール
  • KDDI登録者向けのFaceTimeおよびiMessageのサポートを追加
  • バッテリーの寿命に影響するバグを解決
  • 発信側の音声が途切れることがある問題を修正

 

Siriが日本語に対応 フォトストリームからの写真削除画面 ロック画面にカメラのショートカットを常時表示

 



(2012年 3月 8日)

[ AV Watch編集部 中林暁]