◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

パイオニア、スマホのナビアプリを操作できる車載液晶

−7型「アプリユニット」2機種。地デジ/DVD搭載


SPH-DA09

 パイオニアは、カロッツェリアの新製品として、スマートフォンのナビアプリなどを操作できる7型液晶メインユニット「カロッツェリア スマートフォンリンク『アプリユニット』」2機種を5月下旬に発売する。

 価格はオープンプライスで、店頭予想価格は地デジチューナやDVDを備えた「SPH-DA09」が6万円前後、地デジチューナ/DVDを搭載しない「SPH-DA05」が4万円前後。地デジチューナ/DVD以外の仕様は両機種ほぼ共通。

 いずれも7型/800×480ドットのタッチパネル液晶を備えた車載2DINメインユニット。特徴は、国内初というスマートフォンアプリ連携機能の「Linkwithモード」を採用したこと。アプリユニット自体にナビは備えていないが、対応アプリをインストールしたスマートフォンと接続することにより「カロッツェリアカーナビと同等のカーナビアプリケーションのほか、インターネットラジオやビデオ、グルメや気象情報など、多彩なアプリケーションを大画面と車載スピーカーで楽しめる」としている。

 Linkwith対応アプリを2点タッチで操作可能となっており、地図のピンチイン/アウトなどが可能。グリルレスデザインの静電容量方式タッチパネルを採用したことで「車のコンソールにスマートフォンが装着されたかのような軽快な操作感を実現した」としている。

 カーナビアプリは、ドコモのAndroidスマートフォン向けに提供されている「ドコモ ドライブネット powered by カロッツェリア」(月額315円)に対応。端末はHDMI/MHL対応機種に限られる。また、7月下旬に提供されるiPhone(au/ソフトバンク)アプリ「カロッツェリアLinkwithカーナビゲーション for iPhone」(価格未定)にも対応予定。iPhoneではYouTubeなどの映像が視聴可能。iOS 5以上をサポートし、iPhone 3G/3GSには対応しない。

【7月10日訂正】
記事初出時、「カロッツェリアLinkwithカーナビゲーション for iPhone」の提供時期を7月上旬としていましたが、7月下旬に延期されました

 また、無料のLinkwithランチャーアプリをインストールすることで、Linkwith対応アプリを探せる「アプリリスト」を使用可能。アプリリストには、カーナビアプリのほか、インターネットラジオやビデオ、グルメや気象情報などが表示される。また、スマートフォンに保存してある音楽や映像、Linkwithモード非対応アプリをスマートフォン側で操作できる「スマートフォンコントロールモード」も搭載している。

SPH-DA05 タッチ操作のイメージ

 スマートフォン接続用のケーブルは別売で、Android端末用のHDMIケーブルセット「CD-HUV220」とMHLケーブルセット「CD-MUV220」、iPhone/iPod接続用ケーブル「CD-IUV220」、Android用のUSB電源ケーブルセット「RD-SPC1」をそれぞれ3,150円で5月に発売する。

 「SPH-DA09」の地デジチューナは4チューナ/4アンテナで安定した受信が可能。DVDはビデオ/VRモードの両方に対応する。ディスクに記録したMP3/WMA/AAC楽曲や、MPEG-4動画も再生可能。また、圧縮音源を高音質に再生する「アドバンスド・サウンドレトリバー」も搭載する。

 アンプ出力は両機種とも50W×4ch。FM/AMチューナや、Bluetooth 2.1 + EDRを搭載する。内蔵のBluetoothモジュールと付属マイクを使用して、ハンズフリー通話も可能。別売のバックカメラや、ステアリングリモコンアダプタとの接続にも対応する。外形寸法は両機種とも178×168×100mm(幅×奥行き×高さ)、重量は、SPH-DA09が2.2kg、SPH-DA05が1.5kg。



(2012年 5月 7日)

[ AV Watch編集部 中林暁]