◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

東芝、84型など4K TVを'13年春発売。クラウド+4Kで革新

「REGZA Z7は最高のエンターテインメントマシン」


 東芝は27日、REGZA新モデル「Z7/J7シリーズ」の発表会を開催。その中で84型など4K/3,840×2,160ドットの液晶テレビ3モデルを2013年春に発売することを明らかにした。

 4Kテレビは、2013年春に84型と、60型台、50型台の3モデルを展開。クラウドサービス「TimeOn」との連携機能を装備し、グローバル市場に投入。国内モデルではいずれもタイムシフトマシンを搭載する。第2世代4Kテレビとして積極展開し、価格は未定だが、「第2世代として高画質など価値にふさわしい価格にしたい」とした。


84型4Kテレビ 55型の「55XS5」 4Kテレビを3モデル展開
第二世代4Kテレビの開発コンセプト

 第2世代4Kテレビでは、新開発の映像エンジン「レグザエンジンCEVO 4K」を搭載。4K超解像処理に加え、4K微細テクスチャー復元によるや精細度の向上、4K輝き復元による“輝き”感の向上などにより、4K映像の美しさを際立たせるとする。

 これにより、4K REGZAに入力したフルHD映像をより4Kに高精細にアップコンバートし、「映画をより高画質に楽しめる」とする。また、2013年にはパソコンのdynabookも4K出力に対応予定で、4Kのゲームや写真、Webブラウズなどで大画面の魅力を楽しめるとする。

 Z7シリーズ相当のタイムシフトマシン機能やクラウドサービス「TimeOn」との連携機能、ざんまいプレイなども搭載予定。東芝 執行役専務 デジタルプロダクツ&サービス社の深串方彦社長は、「4Kは重要戦略の一つ」とし、3モデルの投入やレグザエンジンCEVOの概要、dynabookとの連携などを紹介。クラウドサービスとともに4Kを推進する方針を示した。

レグザエンジンCEVOを開発 精細感や輝きも復元 dynabookも4K出力対応に
レグザエンジンCEVO 4KでダークナイトのBDをアップコンバート。左が4K、右がフルHD(REGZA A2)
55Z7

 新REGZA「REGZA Z7/J7」シリーズは、クラウドサービス「TimeOn」と連携。タイムシフトマシン対応の「Zシリーズ」3モデル、「J7シリーズ」4モデルを10月下旬より順次発売する。

 上位シリーズのZ7は42/47/55型の3モデルをラインナップ。6番組地デジ同時録画のタイムシフトマシンをネットワーク連携により進化。番組内の“見たいシーン”だけを検索して、再生できる「みどころシーン再生」など、多くの機能を追加した。録画番組からおすすめを紹介する「ざんまいプレイ」も搭載。「スリムミニマルデザインを極限まで追求した」というデザインも特徴で、ヤコブ・イェンセンがデザインを監修している。Zシリーズの詳細は別記事で紹介している。

 J7は32/40/50/65型の4モデルをラインナップ。タイムシフトマシンは備えていないが、クラウド連携による「みどころシーン再生」やタブレット連携機能などを搭載する。Jシリーズの詳細は別記事で紹介している。

55Z7シリーズ Z7/J7シリーズ7モデル
型番 サイズ 特徴 店頭予想価格
55Z7 55型 タイムシフトマシン(HDD別)
USB HDD録画
おまかせ録画(後日対応)
ざんまいプレイ
みどころシーン再生
37万円前後
47Z7 47型 27万円前後
42Z7 42型 18万円前後
65J7 65型 USB HDD録画
おまかせ録画(後日対応)
ざんまいプレイ
みどころシーン再生
37万円前後
50J7 50型 23万円前後
40J7 40型 11万円前後
32J7 32型 75,000円前後

■ Z7は最高のエンターテインメントマシン。アプリが並ぶのがスマートTV?

東芝デジタルプロダクツ&サービス社 深串方彦社長

 東芝 執行役専務 デジタルプロダクツ&サービス社の深串方彦社長は、「クラウドサービスと連携し、全く新たなテレビの楽しみ方を提案する。最高のエンターテインメントマシン」と切り出し、REGZA Z7/J7シリーズを紹介。

 クラウドサービス「TimeOn」については、「スマートフォンのアプリ画面を表示するといった“スマートテレビ”ではない。“テレビの番組をとことん楽しむ”を原点に、新しいアプローチを行なうもの」とし、お気に入りの番組やシーンを簡単にいつでも楽しめる点を訴求。「好みの番組をいつでも楽しめ、自分では気づかなかった面白い番組を発見できる、クラウドサービスが進化することで、テレビも進化する。テレビをもっと楽しめるサービスがTimeOn」とそのコンセプトを説明した。

 好みの番組をリストアップしたり、ざんまいプレイで「他にもこんな番組」を紹介したり、見たいシーンだけを楽しめる「みどころシーン再生」といった機能をビデオで紹介。レグザエンジンCEVOによる高画質なども訴求している。


クラウドサービスTimeOnで差別化 TimeOnの主要機能
IT技術活用でテレビに新しい価値 PCも4K出力対応

 今後のレグザの進化については、「便利」と「高画質」の両輪で付加価値最大化に取り組むとしており、クラウドサービスと4Kの2つの軸を強化。4Kの高画質とともに、クラウドなどIT技術の活用による新しいテレビに取り組み、「テレビ体験を革新する力強い製品を創りだしていく」と宣言した。

 テレビ事業の収益の見通しについては、「世界の景気などを見ると厳しい環境。年度末までに黒字化という目標だが、なんとか達成したい」とした。ただし、世界市場におけるテレビ出荷台数目標の1,600万台については、「おそらく下回る。1〜2割下回る可能性がある。ただ、年末商戦には期待しているので、しっかり取り組んでいく」と説明。4Kの普及時期については、「すでに4K時代は来た。映画は4Kで撮影されており、カメラも4Kになっている。それらを4Kで、最高の画質で見たいという欲求がある。他社の動きもあるが、来年ぐらいには盛り上がるだろう」と語った。


(2012年 9月 27日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]