◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

「ヱヴァ新劇場版」TV放送で、スマホ/データ放送と連動

9日と16日。名セリフと“シンクロ”、ヤシマ作戦“蓄電”


「ムーヴィシンクロナイザ」のトップ画面

 日本テレビは、「金曜ロードSHOW! 」において、11月9日と16日の2週連続で「ヱヴァンゲリヲン新劇場版 TV版」を放送。これに連動し、スマートフォンのWebブラウザやテレビのデータ放送から参加できる特別企画「ムーヴィシンクロナイザ」を実施する。

 「ムーヴィシンクロナイザ」は、スマートフォンとテレビのデータ放送で展開する放送連動企画。「ヱヴァンゲリヲン新劇場版 TV版」の“名セリフ”に合わせて、スマートフォンの画面に「シンクロボタン」を配置。このセリフが登場するまでのカウントダウンが表示され、登場する場面に合わせてシンクロボタンを押す(テレビの場合は青ボタンを押す)と、そのシーンへのシンクロが完了、ポイントを獲得できる。

 スマートフォン画面には、同じシーンでシンクロした人数や、一緒に参加しているネット上の友達の顔写真(Facebook/Twitterアイコン)も表示。「新たな『ソーシャル視聴』体験を生み出す」としている。データ放送でも、同様に参加登録を行なうことで、シンクロしている人の数や、友達の顔写真を表示可能。

 事前参加登録は既に受付中。登録すると、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 TV版」(9日放送)で、日本全国から電力を集める物語のクライマックス「ヤシマ作戦」にちなんだ「蓄電ボタン」が表示。スマートフォンでボタンを連打すると発電量(ポイント)が加算され、放送前から全国の参加者と一緒に、ヤシマ作戦への一斉協力気分を味わえるという。放送当日の「ヤシマ作戦」シーンでも、スマートフォンやデータ放送から、全国の参加者とともに、この一斉発電体験ができる。スマートフォンからの参加者には、「特別協力隊員証」もプレゼントされる。

 スマートフォンから参加する場合は、Webブラウザから「JoinTV」サイトにアクセス。SNSアカウントの登録なしでも利用できるが、「Facebook/Twitterアカウントで登録すると、より一層お楽しみいただける」としている。なお、過去にJoinTVに登録したことがある場合は、登録済みのSNSアカウントで参加できる。フィーチャーフォンやパソコンからは参加できない。

 テレビからの場合は、金曜ロードSHOW! の放送中にdボタンを押すことで参加可能。放送より前にJoinTVへ登録しておくと、全国でシンクロした仲間の数や、SNSでつながっている友達の状況も確認できる。テレビがインターネットに接続されており、FacebookまたはTwitterのアカウントが必要となる。

 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の2週連続放送は、11月17日の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」公開を記念して行なわれるもの。16日の放送では、「破」のTV版に加え、劇場公開前の「Q」の冒頭6分38秒を世界初公開する。

スマートフォンからの事前登録で、ヤシマ作戦に向けての“蓄電”が可能 テレビのデータ放送での参加画面


(2012年 11月 6日)

[ AV Watch編集部 中林暁]