◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

シャープ、32型/3,840×2,160ドットの4K IGZO液晶

業務用に展開し、実売45万円。4K最薄の35mm


 シャープは、32型/3,840×2,160ドットのIGZO液晶パネルを採用した業務用の4K/2K液晶ディスプレイ「PN-K321」を2013年2月15日より発売する。価格はオープンプライスで、実売価格は45万円前後。映像/グラフィック作成や編集、金融、CAD業務などのBtoB向けの展開を予定している。

 酸化物半導体液晶技術「IGZO」を採用し、高精細化を図った液晶ディスプレイ。4原色のクアトロンパネルではなく、RGBの3原色パネルを採用。精細度は140ppiで、高開口率化により消費電力も削減している。液晶駆動モードは非公開だが、IGZOの採用にあわせた新しい駆動方式を採用しているという。

 IGZOにより高精細化を図ったほか、専用設計のエッジ型LEDバックライトを採用し、30型以上の4K/2Kディスプレイで最薄という奥行き35mmを実現。輝度は250cd/m2

 高精細化により、ドット感の少ないなめらかな表示を可能とし、さまざまな高精細映像が求められる業務に対応。2W×2chのスピーカーやヘッドフォン出力も装備する。

PN-K321
PN-K321 CAD用途などに提案 側面
CAD画面を表示し、近づいてもほとんどドットが見えない 製品イメージ
HDMI×2とDisplayPortを装備

 入力端子はHDMI×2とDisplayPort×1。4K(3,840×2,160ドット)/60pの映像をDisplay Port 1.2から入力でき、HDMIの場合は4K/30p。HDMIを2本利用する場合は4K/60pにも対応可能という。消費電力は120W。外形寸法は750×35×441mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約7.5kg。

 パネルの製造は亀山第2工場で、組立は中国で行なう。月産台数は1,500台。32型からの4Kディスプレイ投入については、「いろいろ議論はあったが、4K/2Kによる一覧性を生かせる、机の上でPCモニターの代わりに使えるサイズで最大のものをと考えた」とし、今後、民生用のテレビやPCディスプレイでの展開も予定しているという。


縦位置表示の製品もラインナップ PN-K321の特徴 IGZOで高開口率化

■ 1,000万台規模の4K市場創出へ

ビジネスソリューション事業推進本部 寺川本部長

 シャープ 執行役員 ビジネスソリューション事業推進本部の寺川雅嗣本部長は、「大量の情報を処理し、処理のスピードも要求される業務においては、液晶の高精細化が求められる。また、スマートフォン/タブレットも高精細化しており、放送の世界においてもスーパーハイビジョンが提案されている」と、高精細化のトレンドを紹介。AV/編集や、CAD、監視/コントロールルーム、ゲーム、プロフェッショナルPC、医療、金融などさまざまな潜在市場があると語った。

 そこで、IGZO技術の省電力、高精細、高性能タッチディスプレイの3つの特徴のうち、「高精細」にフォーカスしたディスプレイを開発。「高性能かつエコ」も訴求し、4K展開を積極化。市場ニーズの高まりを受け、4K/2Kディスプレイで1,000万台規模の新規需要創出を狙うという。


液晶ディスプレイでフルHD超モデルの増加を予測 様々なデバイスやサービスで、高精細化がトレンド 4K 1,000万台市場創出へ
ビジネスディスプレイ事業推進本部 ディスプレイ事業部 原田事業部長

 ビジネスディスプレイ事業推進本部 ディスプレイ事業部の原田宗憲事業部長は、4Kディスプレイの市場環境や、「PN-K321」の概要を説明した。

 これまでの4K/2Kディスプレイでは、外部の専用グラフィック装置や複雑な配線、奥行きが大きいディスプレイなどが必要だった。しかし、4K出力可能なグラフィックカードが比較的安価になったこと、さらに、DisplayPortやHDMIでも4K/2K映像をケーブル1本で伝送できるようになったことから、市場環境は整ったとする。

 また、IGZO採用によりパネルを高開口率化したことで、直下型ではなく、エッジ型のLEDバックライトを採用できるようになった。これにより、従来の4K/2K液晶で課題となっていた奥行きや消費電力などの抑えることができ、ファンレス化も実現できたという。

 これまでの4Kディスプレイでは100万円超のものがほとんどだったが、実売45万円という価格でフルHD製品との価格ギャップも抑えた。原田事業部長は、「4K/2K時代の幕開けを力強く宣言する製品」と語り、今後、ゲームなどの映像クリエーター、CAD、印刷物の高画質表示、金融ディーリングなどの用途に訴求していく。

従来の4K/2Kシステムの課題 4K/2K市場拡大を疎外する課題はほぼ解決 IGZOで高精細化
フルHDの4倍の作業スペース IGZOにより薄型化、ファンレス化を実現 4K 1,000万台市場創出へ

(2012年 11月 28日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]