◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

アップル、UIを一新した「iTunes 11」を公開

iCloud連携強化。Storeのレイアウトも変更


iTunes 11

 アップルは30日、プレーヤーソフト「iTunes」の最新バージョン「iTunes 11」を提供開始した。Mac版とWindows版が用意される。

 iTunes 11ではユーザーインターフェイスを一新。よりシンプルになり、「ミュージック」、「映画」、「アプリケーション」と、探したいコンテンツのジャンルをクリックすると、それらが一覧表示される。iTunes Storeのデザインも一新し、スッキリしたレイアウトにしたほか、レコメンド機能を強化している。


アーティスト検索 再生画面

 iCloudとの連携機能も強化。Apple IDでサインインして、iCloud上でiTunesで購入した音楽やムービー、テレビ番組をライブラリ内に表示できる。表示されたコンテンツをダブルクリックしてiCloudから直接再生したり、デバイスとの同期/ダウンロードが行なえる。

 また、ムービーやテレビ番組をどこまで再生したかをiCloudが記憶。iPhoneやiPad、Apple TVなどのデバイスで、同じムービーやエピソードを再生/停止する場合、他のデバイスで続きから再生できる。

iTunes Store App Store
次はこちら

 「次はこちら」アイコンも新たに追加し、次に再生される曲を簡単に表示できる。センターディスプレイの“次はこちら”アイコンをクリックして表示し、曲の並べ替えや追加、スキップなどが行なえる。ミニプレーヤーも新搭載した。

 検索機能も強化し、検索フィールドに入力し始めるとすぐに、ライブラリ全体から検索結果が返される。また、セキュリティアップデートも行なわれている。


(2012年 11月 30日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]