ニュース

EIZO、世界初240Hz駆動のPC用ゲーミングモニター

バックライト制御でキレのある表示。世界同時発売

FORIS FG2421

 EIZOは、FPSなどのゲーム向けPCモニターとして、世界初という240Hz駆動を採用した23.5型の「FORIS FG2421」を10月30日に発売した。世界同時発表・発売となっており、日本では直販サイト「EIZO ダイレクト」、直営店「EIZO ガレリア銀座」で販売。直販価格は64,800円。

 ゲームを用いた競技、eSports向けのモニターで、FPS(ファーストパーソン・シューティング)やRTS(リアルタイムストラテジー)などの表示に適しているのが特徴。通常のPC用ディスプレイは60Hz表示だが、ゲーミングモニターでは120Hzに対応したモデルが人気を集めている。さらに「FORIS FG2421」は、ゲーム市場向けPCモニターとして、世界初となる240Hz描画に対応した。開発にあたっては、プロeSportsチーム、Fnaticも協力している。

FORIS FG2421
背面

 120Hz駆動のゲーミングモニターでは、PCのビデオカードなどから120Hzでゲームの映像を出力。それをDVI-Dなどでモニターに接続し、120Hzで表示する。これにより、60Hz表示のモニターと比べ、残像を抑えた、高速で見やすい表示を実現。より素早く反応し、操作できるなど、ゲームをプレイしやすくしている。

 FG2421はDisplayPort、DVI-D(24ピン)、HDMIの入力を各1系統装備。1,920×1,080ドットまでの120Hz入力に対応している(HDMIの120Hz入力は1,024×768ドットまで)。240Hz入力に対応しているわけではないが、入力された120Hzの映像信号に、240Hzのバックライト処理を加える事で、120Hzのディスプレイよりもさらに残像を抑え、キレのある表示を可能にしたという。この機能は「Turbo 240」と名付けられている。

 具体的には120Hzの各フレームとフレームの間で、バックライトをOFFにするバックライトブリンキングを行なっている。これにより、直前に表示していたフレームの残像が抑えられ、キレの良い表示を可能にした。なお、バックライトOFFだけでなく、オーバードライブのかけ方を工夫する事で、輝度の低下をできるだけ抑えたり、色ずれしないようにするといった処理も行なわれている。

左が120Hz駆動のゲーミングモニター。右がFG2421。カメラのシャッタースピードを1/160秒で撮影したものだが、左の120Hzモニターでは残像が出ているのがわかる

 「Turbo 240」機能は、表示モードによってOFFにする事も可能。輝度はOFF時で400cd/m2。また、ゲームでは表示の遅延の少なさも重視されるが、240Hz駆動時も1.5フレーム未満(0.012秒未満)の低遅延を実現したという。

バックライトブリンキングでキレのある表示が可能に
表示モードを複数搭載。Webモードなど、選ぶとTurbo 240がOFFになるモードもある
開発にあたってはプロeSportsチーム、Fnaticも協力

 パネル解像度は1,920×1,080ドットで、コントラスト比5,000:1のVAパネルを採用(コントラスト拡張時は15,000:1)。視野角は上下左右176度。表面はノングレア。応答速度は1ms未満(Turbo 240:ON/モニター全体で)。

 ゲーム用途に最適化されたカラーモードを搭載。プロのゲームチームであるFnaticが監修し、FPSやRTSなどの各ゲームジャンルにマッチするカラーモードが利用できる。付属の専用ソフト「ScreenManager Pro forGaming」を使い、こうした既存のモードを選ぶだけでなく、PC画面上でユーザーの好みに合わせて詳細なカラー調整も可能。設定値をファイル出力でき、ユーザー同士で同じ設定を共有することもできる。

 カラーモードはホットキーからも変更可能。キー設定はユーザーがカスタマイズできる。低解像度のゲームを拡大表示するなど、画面サイズの変更もホットキーから可能。

 筐体デザインは、背面に、航空機をイメージしたという通風孔を装備。バーミリオンカラーのハンドルも搭載し、スタンドの背面にはケーブルをまとめるパーツも標準で備えている。PCモニターを持って席などを移動するeSportsイベントで使いやすいように配慮したとする。また、背面にはLEDで光るEIZOのロゴも搭載する。

 ヘッドフォン端子も備え、外部スピーカーに接続するためのラインアウトも搭載。USBハブとしても利用でき、2系統のUSBダウンストリームポートを備えている。

背面には光るEIZOロゴ。赤い部分に指をかけて持ち運ぶ事もできる
前面の操作ボタン
側面にあるUSBダウンストリームポート
DisplayPort、DVI-D(24ピン)、HDMIの入力を各1系統装備
スタンドに、ケーブルをまとめるパーツも標準で搭載
先着購入100台限定で、EIZOとFnaticがコラボしたTシャツをプレゼント

 スタンドは上25度のチルト、344度のスイーベルも可能。昇降は60mm。消費電力は20W。待機時は0.5W以下。外形寸法は563.5×200×391〜451mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約6.2kg。液晶パネルを含む5年間保証に対応する。

 なお、発売を記念したキャンペーンとして、先着購入100台限定で、EIZOとFnaticがコラボレーションしたTシャツがプレゼントされる。

(山崎健太郎)