ニュース

ハイセンス、55型で約11万円の液晶テレビ。直下型LED

カジュアルな大画面を。中国最大手が日本展開加速

HS55K20

 ハイセンスジャパン(海信日本)は、直下型LEDバックライトを採用した55型液晶テレビ「HS55K20」を2月20日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は11万円前後。全国の家電量販店などで順次発売するとしている。

 中国の液晶テレビ市場で10年以上トップシェアを誇るハイセンスによる液晶テレビ。2011年より日本法人ハイセンスジャパンが、他社ブランドのOEMではなくハイセンスブランドで展開している。HS55K20の月産台数は1,000台で、年間15,000台の販売を計画している。

HS55K20
直下型LEDバックライト採用

 55型/1,920×1,080ドットのフルHDパネルを採用し、LEDバックライトは直下型。コントラストは3,000:1、視野角は上下150度、左右160度。応答速度は8ms。120Hz駆動技術Trumotion120Hzにより、スムーズな映像再生を可能にするという。

狭額縁デザインを採用

 チューナは、地上デジタルを2系統、BS/110度CSデジタルを1系統装備。別売のUSB HDDも追加することで録画に対応し、地デジの裏番組録画も可能。EPGやデータ放送の双方向サービスにも対応。Ethernetも装備する。

 日本市場向けに、国内大手テレビメーカー製のデジタルテレビ用LSIを搭載し、動作速度を高速化。EPG表示なども日本に適したデザインを採用した。10W×2chのスピーカーを搭載する。ベゼル幅も薄型化し、デザイン性を高めている。

 入力端子はHDMI×2、D4×1、コンポジット×1、アナログRGB(D-Sub15ピン)×1、アナログ音声×3(D4、コンポジット、PC用を各1系統)。出力端子は光デジタル音声×1、ヘッドフォン×1。消費電力は150W(待機時0.3W)、年間消費電力量は160kWh/年。スタンドを含む外形寸法は1,247×330×795mm(幅×奥行き×高さ)、重量は23kg。

機能を限定し「大きさと安さ」の両立を

ハイセンスジャパンが展開する液晶テレビ

 ハイセンスジャパンは、2010年11月に設立。'11年に液晶テレビに参入し、'12年からは冷蔵庫も日本市場に投入している。液晶テレビはこれまで24型〜50型まで展開していたが、これまでの最大サイズとなる55型「HS55K20」の追加により、サイズラインナップを拡充する。

 HS55K20は、「美しい画面をカジュアルに」をテーマに開発。大型テレビでも10万円強と低価格が特徴で、ホームリビング向けのテレビとしてだけでなく、ゲームなどのパーソナル使用での大画面や、20〜30歳台のヤングファミリー向けに大きさと安さを兼ねたテレビとして、訴求を強化していくという。

 日本のテレビメーカーが、大画面テレビにおける高付加価値を展開を強化している中、ハイセンスジャパンでは、「HS55K20」において、地デジダブルチューナやUSB HDD録画など日本市場に求められる基本機能に特化して低価格化。中国や欧州ではスマートテレビ機能を搭載したモデルも展開しているが、HS55K20は、機能を絞りながらも日本メーカー製のテレビ用チップセット採用による高速な動作やUI設計などで、ストレスのない操作感にこだわったという。

 低価格を謳い日本のテレビ市場に参入したメーカーは多いが、その多くは撤退や倒産の憂き目にあった。ハイセンスジャパンは、中国最大手かつ高い世界シェアを持つハイセンスの生産能力や資本力を活かし、「自社ブランド」で本格展開する点が、そうしたメーカーとの違いとしている。現在の国内テレビ市場におけるハイセンスジャパンのシェアは1%強だが、今後さらなる拡大を図る方針。また、ハイセンスのブランド認知とともに、4Kなど高機能モデルの展開も検討していくという。

(臼田勤哉)