ニュース

富士通、タッチパネルでツルツル/ザラザラ感を表現する新技術

触覚技術を搭載したタブレットの試作機

 富士通は、富士通研究所が新たに開発した触覚技術により、ツルツル感やザラザラ感といった触覚が得られるタッチパネルを搭載したタブレットを試作。2月24日〜2月27日(現地時間)にスペイン・バルセロナで開催される「Mobile World Congress 2014(MWC)」に出展する。2015年度中の製品化を目指す。

 従来より、タッチパネル自体の振動や静電気の発生により凹凸感などの感触を伝える技術はあったが、今回の新技術では、実現が難しかったツルツル感の再現に成功していることが特徴。タッチパネルの表面を超音波振動させることで、パネル表面と指の間に高い圧力の空気膜を発生させ、その浮揚作用により摩擦力を低減。これにより、タッチパネルに触れた際に、ツルツル感を感じることができるという。超音波周波数帯の振動には大きなエネルギーを要するが、携帯端末サイズで効率よく振動させられる技術を開発し、試作機に搭載可能となった。

 さらに、パネル上の指のタッチ情報と画面の表示情報に応じて、摩擦力の高低を瞬時に変化させ、触感の錯覚を誘発することで、画面に凹凸感やザラザラ感を実現する技術も開発。このような触感情報に加え、ディスプレイに表示する視覚情報と、スピーカーから出力する音響情報を効果的に提示することで、画面に表示した情報をより豊かに表現するとしている。

 MWCに展示する試作機で体感できるのは、「琴」、「DJ」、「金庫」、「ワニ」の4つ。実際に弦やCDの表面に触れたような感覚や、ダイヤル錠を回す感覚、ワニの身体の部位に合わせた異なる触感を感じることができるという。

 同社では、開発した触覚技術を電子カタログなどへ応用するなど、様々なサービスへの適用を検討。製品化は2015年度中を目指すとしている。

(一條徹)