ニュース

ソニー、壁に大画面4K表示する超短焦点プロジェクタ活用「Life Space UX」を3月19日銀座で公開

「Life Space UX」の中核となるローボードタイプの「4K超短焦点プロジェクタ」

 ソニーは、壁に最大147型の4K映像(4,096×2,160ドット)を投写できる4K超短焦点プロジェクタなどを用いた「Life Space UX」を、来場者が体験できるイベント「Life Space UX Exhibition」を3月19日〜4月13日まで、東京・銀座ソニービル8Fのオーパスにて開催する。入場は無料。国内初公開となる。

 1月に米ラスベガスで開催された「2014 International CES」にてソニーが発表したもの。壁に大画面の4K映像を表示するローボードタイプの「4K超短焦点プロジェクタ」や、食卓の表面に高品位な映像を映し出して大きなタッチスクリーンとして使用する「テーブルトップスクリーン」、「天井プロジェクタ」、「ミラーディスプレイ」などの商品群を用いて、「空間を活用して新たな映像体験を提供する」コンセプトを「Life Space UX」と名付けている。

 Life Space UXの中核となる「4K超短焦点プロジェクタ」は、今夏までに商品化し、米国で約3万〜4万ドル程度での販売が予定されている。

「4K超短焦点プロジェクタ」の投写イメージ

 ソニービルで開催される「Life Space UX Exhibition」では、これらLife Space UXを実現する商品群の試作機を展示。3月19日〜4月13日、時間は11時〜19時まで開催され、約15分のツアー形式で各商品を紹介するデモツアーも予定されている。

(山崎健太郎)