ニュース

Appleの開発者イベント「WWDC 2014」は6月2日から

 Appleは、開発者向けのイベント「ワールドワイドデベロッパカンファレンス 2014」(WWDC/世界開発者会議)を6月2日〜6日に米国サンフランシスコのMoscone Westで開催すると発表した。

 WWDCは、世界中から開発者が集まり、iOSやOS Xなどに関する情報を発表/共有するイベント。1,000人以上のAppleエンジニアらによる100以上のテクニカルセッションや、開発者が新技術を組み込むのを手助けするというハンズオンラボを用意。App Store/Mac App Storeのアプリから、最も優れたものを表彰する「Apple Design Awards」も行なわれる。

 チケットの申し込みは米国太平洋夏時間の4月3日から7日午前10時(日本時間8日午前2時)まで受け付けており、参加者は抽選の末、決定される。学生向けのStudent Scholarshipも用意している。

 前回のWWDC 2013では、iOS 7やOS X Mavericks、MacBook Airの新モデル発表や、Mac Proの開発表明などが行なわれた。

 米Apple ワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデントのフィリップ・シラー氏は、「WWDCの参加者は年ごとに多様化してきており、あらゆる分野の開発者が世界のあらゆる場所から参加するようになってきている。彼らとiOSおよびOS Xの最新の進歩を共有し、彼らが次世代の素晴らしいアプリケーションを作ることができるようになることを楽しみにしている」と述べ、新しい分野での展開を示唆している。

(臼田勤哉)