ニュース

'13年3月以前に製造されたiPhone 5の電源ボタンに不具合。無償修理を実施

iPhone 5

 アップルは25日、iPhone 5の一部モデルにおいて、右上にある電源兼スリープボタンが機能しなくなる不具合を発表。ボタンの無償交換を実施する。交換サービスは5月2日から開始される。

 不具合があるのは2013年3月以前に製造されたiPhone 5。右上の電源ON/OFF、スリープ/スリープ解除用のボタンが機能しなくなる、もしくは断続的にしか機能しなくなる。所有しているiPhone 5が対象モデルか否かは、アップルのサポートページのフォームに、iPhoneのシリアル番号を入力すると確認できる。シリアル番号の確認方法もサポートページに記載されている。

iPhone 5の電源兼スリープボタン

 交換には持ち込み修理と、ピックアップ&デリバリー修理の2通りの方法がある。交換にかかる時間は、iPhoneがリペアセンターに届いてからユーザーの手元に戻るまで4〜6日程度。リペアセンターでは交換作業の前に検査を行ない、この交換プログラムの対象になるか、スリープ/スリープ解除ボタン以外に問題がないかどうかを確認する。なお、アップルに送る前に、ユーザー側ですべてのデータのバックアップを行ない、コンテンツと設定をすべて消去する必要がある。

 持ち込み修理の場合は、アップル直営店か、この交換プログラムを取り扱っているアップル正規サービスプロバイダに直接持ち込む。修理中の代替機を希望する場合は、持ち込んだ取扱店で申し込むと、iPhone 5(16GB)が貸し出される。ピックアップ&デリバリーの場合はアップルに電話で連絡し、送られてくる送料支払済みの梱包箱を使ってリペアセンターへ発送する。

 詳しい情報はアップルのサポートページを参照のこと。

(山崎健太郎)