ニュース

ソニー、'13年度の業績見通しを純損失1,300億円に下方修正。PC事業収束などが要因

 ソニーは1日、2月6日に発表した2013年度(2013年4月1日〜2014年3月31日まで)の連結業績見通しについて、純利益を1,100億円の赤字と予想していたが、1,300億円の赤字に、営業利益も800億円から260億円に、それぞれ下方修正した。売上高及び営業収入は7兆7,000億円から7兆7,700億円へと上方修正している。

 下方修正の要因は、2013年度にPC事業収束に関する費用約300億円の追加計上が見込まれるため。2月6日にPC事業収束を発表した後、2013年度と2014年度のPCの販売見込みが2月時点の想定を下回り、余剰となった春モデルの手元部品に対する評価減や仕入先の発注済部品に対する補償の計上が見込まれている。また、構造改革費用が一部前倒しで計上される予定。

 なお、PC事業の収束にともない2013年度に発生する費用が増加する一方で、2014年度に発生する費用は減少すると予想、2013年度と2014年度に発生する費用の総額は2月6日時点の想定から大きな変更は無いという。

 また、主に海外におけるディスク製造事業において、約250億円の減損を計上見込み。欧州地域でのディスクメディアの需要が想定以上に縮小しており、将来の収益性を見直し、長期性資産の計上金額を回収する十分な将来キャッシュ・フローが得られないと判断した。さらにディスク製造事業全体の公正価値も減少したため、営業権の減損も計上を見込んでいるという。

 なお、2013年度の連結業績の実績と2014年度の連結業績見通しについては、5月14日の2013年度決算発表において公表する。

(山崎健太郎)