ニュース

Astell&Kern“第2世代”AK100II/AK120II発表。DAC変更、バランス出力対応

 アユートは、iriver Astell&Kernブランドのハイレゾポータブルプレーヤー新機種として、AK100、AK120の第2世代モデルと位置づけた「AK100II」と「AK120II」を発表した。製品名は「AK120II 128GB ストーンシルバー」、「AK100II 64GB スモーキーブルー」で、呼び方は「エイケーヒャクニジュウツー/ヒャクツー」となる。日本での発売日や価格は未定。

左が「AK100II 64GB スモーキーブルー」、右が「AK120II 128GB ストーンシルバー」

 ドイツのミュンヘンで現地時間の5月15日から開催されるオーディオ展示会「HIGH END 2014」のAstell&Kernブースで先行展示を開始。それに合わせて、アユートが日本でもスペックなどを発表した。

 「AK240の優れた機能を継承し、第1世代とは差別化した性能を備えた」とし、第2世代と位置づけられた2モデル。搭載しているDACは、第1世代のWolfson製「WM8740」から、Cirrus Logicの「CS4398」に変更、上位モデルの「AK120II」には、これを左右独立したデュアルDAC構成を採用、「AK100II」はシングルDAC構成となり、これが2機種の大きな違いとなっている。

 再生可能ファイルはWAV、FLAC、WMA、MP3、OGG、APE(Normal/High/Fast)、AAC、Apple Lossless、AIFFとDSDのDFF/DSF。FLAC/WAV/Apple Lossless/AIFFは384kHz/32bit Float/integerまでの再生に対応。ただし、384kHzは192kHz、352.8kHzは176.4kHzへ、32bitは24bitへダウンコンバートしての再生となる。

 DSDは2.8/5.6MHzのファイルが再生できるが、再生時はPCMの176.4kHz/24bitに変換しての再生となる。

 なお、AK240はDACに「CS4398」をLR独立で2基搭載、負荷軽減用にDSD再生専用CPUを搭載するなどして、DSD 5.6MHzまでのネイティブ再生に対応している。

モデル名 AK120II AK100II AK240(参考)
ディスプレイ 3.31型有機EL
480×800ドット
3.31型有機EL
480×800ドット
3.31型有機EL
480×800ドット
DAC CS4398×2 CS4398×1 CS4398×2
PCM再生 最高384kHz/32bit
※ダウンコンバート再生
最高384kHz/32bit
※ダウンコンバート再生
最高384kHz/32bit
(DXD WAV)
※ファーム1.11
※ダウンコンバート再生
DSD再生 PCM変換 PCM変換 ネイティブ
内蔵メモリ 128GB 64GB 256GB
microSDスロット 1基
最大128GB
1基
最大128GB
1基
最大128GB
外形寸法
(縦×横×厚さ)
118×55×14.9mm 111×55×14.9mm 107×66×17.5mm
重量 177g 170g 185g
「春のヘッドフォン祭 2014」で確認した「AK100II」、「AK120II」

 USB端子を備え、Windows XP/Vista/7/8、Mac OS X 10.7以上と接続し、USB DACとして使う事も可能。充電もUSB経由で行なう。ファイルの転送はMTPモードに対応。

 出力はアンバランスのステレオミニヘッドフォン出力と、兼用の光デジタル出力、さらに2.5mmマイクロミニの4極バランス出力も装備。アナログ信号の伝送時に発生するノイズの逆位相の信号を追加送信することで、ノイズを取り除いた再生を可能にするというもので、対応ケーブルとリケーブル対応ヘッドフォン/イヤフォンなどを組み合わせて利用する。

 出力レベルはAK120IIがアンバランスで2.1Vrms×2ch、バランスが2.3Vrms×2ch。AK100IIがアンバランスで2Vrms×2ch、バランスが1.7Vrms×2ch。出力インピーダンスは2機種とも、アンバランスが2Ω、バランスが1Ω。

 ディスプレイは3.31型、480×800ドットの有機ELで、静電容量式のタッチパネルタイプ。IEEE 802.11b/g/nの無線LAN機能や、Bluetooth 4.0にも対応。プロファイルはA2DP、AVRCPをサポート。無線LANを介したファームアップグレードや、音楽ファイルのストリーミング再生にも対応。韓国では楽曲をプレーヤーから直接購入する事も可能だが、将来的には日本でも購入可能になる予定。

 筐体の素材はアルミニウム。「第1世代とはテイストが異なるデザイン」としており、AK120IIではストーンシルバー、AK100IIではスモーキーブルーのカラーを採用。AKシリーズの特徴である、ボリュームホイールは側面に継承されている。

 外形寸法と重量は、AK120IIが118×55×14.9mm(縦×横×厚さ)で、177g。AK100IIが111×55×14.9mm(同)で170g。内蔵バッテリはリチウムポリマーバッテリで、容量はAK120IIが3,250mAh、AK100IIが3,150mAh 。

(山崎健太郎)