ニュース

4K試験放送でワールドカップ4試合放送決定。8K撮影試合も。丸の内で視聴イベント

4K試験放送が行なわれている「Channel 4K」のロゴマーク

 次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)は、6月2日から実施している4K試験放送において、2014 FIFA ワールドカップの放送を決定。6月18日水曜日の17時から、1次予選の日本 VS コートジボワール戦を放送するなど、詳細なスケジュールも発表した。

 NexTV-Fではこれまで、4K試験放送でワールドカップの計4試合を放送するため調整を行なっていきたが、FIFAと、放送権を持つNHK、日本民間放送連盟の協力により、予定通り4試合を4K放送する事が決定したという。

 放送試合と放送開始時間は以下の通り。なお、いずれの試合も映像の伝送や番組制作上の都合により、ライブ放送は行なわれない。放送予定が変更になる場合もあるという。6月下旬から7月にかけて、複数回の再放送も予定されている。

  • 【グループリーグ(1次予選)】
     グループC:日本 VS コートジボワール
     試合開始:6月14日(土)22時〜 4K放送開始:6月18日(水)17時〜
  • 【セカンドステージ(決勝トーナメント)
     グループC・1位 VS グループD・2位(マッチ50)
     試合開始:6月28日(土)17時〜 4K放送開始:7月1日(火)17時〜
  • 準々決勝(マッチ58)
     試合開始:7月4日(金)13時〜 4K放送開始:7月7日(月) 17時〜
  • 決勝(マッチ64)
     試合開始:7月13日(日)16時〜 4K放送開始:7月16日(水)17時〜
2014 FIFA ワールドカップ 4K放送スケジュール

 なお、日本 VS コートジボワール戦については、FIFAとのジョイントプロジェクトとして、NHKが8Kスーパーハイビジョンで撮影した映像を、NTTが国際伝送で協力、その映像をもとに、4K番組を制作する。

 それ以外の試合は、ソニーの協力で、FIFAが制作し、通信衛星回路で配信される4K映像をもとに制作するという。

丸の内でのパブリックビューイングにも協力

 2014 FIFA World Cup Brazil Public Viewing in Marunouchi 実行委員会が主催し、東京・丸の内でのワールドカップ開催期間中に開催されるパブリックビューイングに、NexTV-Fも協力。会場内に85型の4Kテレビを3台設置し、4K試験放送を受信、会場で視聴できるパブリックビューイングも実施する。

 スケジュールは以下の通り。

  • 6月18日(水)17時〜 日本 VS コートジボワール
  • 6月22日(日)14時〜 日本 VS コートジボワール
  • 6月29日(日)14時〜 日本 VS コートジボワール
  • 7月6日(日)14時〜 ベスト16(グループ C・1位 VS グループD・2位)
  • 7月13日(日)14時〜 準々決勝(マッチ58:W53 VS W54)

 4K試験放送は、6月2日13時から、スカパーJSATの124/128度CS放送を利用して行なわれている。チャンネル名は「Channel 4K」で、無料で視聴可能。NexTV-F加盟各社が15本の4K番組を制作し、ワールドカップの試合も放送される事となった。視聴には4K放送に対応したテレビ、Channel 4K対応チューナ、スカパー!ICカード、チューナとテレビを接続するためのハイスピードHDMIケーブル(カテゴリ2)などが必要。対応チューナは、シャープが「AQUOS 4Kレコーダー(TU-UD1000)」を6月25日から発売予定。ソニーも秋にはチューナを発売予定。

(山崎健太郎)