ニュース

ギターにあわせて初音ミクが歌うボーカロイド・エフェクター「MIKU STOMP」

 コルグは、ギターのピッキングにあわせて“初音ミク”が歌い出すというギター用ボーカロイド・エフェクター「MIKU STOMP」を10月下旬より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は13,000円前後。

MIKU STOMP

 入力したギター・サウンドにとおりに初音ミクが歌うという、世界初のギター用ボーカロイド・エフェクター。音声合成技術にヤマハの新世代音源NSX-1による「eVocaloid」を搭載。打ち込みや鍵盤とは違ったギターならではの奏法により、表情豊かな初音ミクの演奏を楽しめるという。

 アルミダイキャストボディに、描き下ろしのオリジナルイラストを配置。初音ミクの世界観とギターエフェクターらしさを両立したという。入力端子はギター用のモノラル標準フォーンジャックで、ギターと直接接続して利用できる。出力もモノラル標準フォーンジャックで、電源は単3型乾電池×2本もしくは別売ACアダプタ。

 本体には「千本桜」の歌詞をプリセット。好きな歌詞を入力できる「ユーザー・パターン」、自動で言葉をつないで歌詞を作っていく「ランダム・パターン」、“アー”、“ラー”といったベーシックなパターンなど11種類の歌詞パターンを用意し、本体スイッチで選択できる。なお、MIKU STOMPは単音のみの対応となる。ピッチ検出可能な音域はE1(41Hz)〜E6(1,319Hz)。

 専用のiPhoneアプリを利用することで、本体にプリセットされた歌詞パターン以外の任意の歌詞を歌わせることも可能。この「ユーザー・エリア」は最大6,000文字までの文字入力が可能で、1曲分の歌詞をまるごと入力できるという。文字入力はひらがな、カタカナのみ対応する。

 単3アルカリ乾電池利用時の電池寿命は約5時間。外形寸法は74×120×50mm(幅×奥行き×高さ)、重量は250g。

(臼田勤哉)