ニュース

NHK、小型8Kカメラで120Hz撮影した映像をIBC2014で公開。W杯をなめらかに8K

 NHKは、開発した小型の120Hz対応8Kスーパーハイビジョン(SHV)カメラで撮影した映像を、9月12〜16日にオランダ アムステルダムで開催される放送機器展示会「IBC2014」で公開する。

開発した120Hz 超小型8K Cubeカメラ

 8K/3,300万画素の高精細映像とともに、従来の倍のフレーム周波数120Hzで撮影することで、より滑らかな映像表現が可能になる。NHKは、小型の120Hz対応8K Cubeカメラを開発し、ブラジルで開催された「2014 FIFA ワールドカップ」において、FIFAと共同で8K制作を実施。8Kで撮影することで、選手のスピード感あるプレーや迫力あるシュートシーンなどを、より鮮明で滑らかな映像として記録したという。

フレーム周波数60Hzと120Hzの映像イメージ

(臼田勤哉)