ニュース

NHKがHybridcast拡充。「世界ふれあい街歩き」などEテレ/BS1/BSプレミアムでも番組開始

 NHKは、昨年9月から開始している「NHK Hybridcast」サービスを拡充。現在提供している総合テレビに加え、9月から順次、Eテレ、BS1、BSプレミアムでも対応した定時番組をスタートさせる。

Eテレ「しごとの基礎英語」

 Hybridcastを活用した放送としては、今年の4月から総合テレビ「あさイチ」の中で、Hybridcastと連動した双方向クイズコーナー「スゴ技Q」が放送されている。

 これに加えて、9月29日から、Eテレ「しごとの基礎英語」(月〜木/午後10:50〜11:00)、10月5日からBS1「Biz+サンデー」(毎週日曜日/午後10:00〜10:50)、10月7日からBSプレミアム「世界ふれあい街歩き」(毎週火曜日/午後8:00〜8:59)において、Hybridcastサービスが新たに活用される。

 「しごとの基礎英語」では、番組中のセリフをテレビ画面上で、文字で確認しながら視聴可能になる。スマートフォンやタブレットをセカンドスクリーンとして使えば、前回までのキーフレーズを音声と共に確認できる。

 「Biz+サンデー」では、画面左側にタイムラインを表示。番組に登場する経済用語の解説、関連ニュースやグラフ、出演者紹介などの補足情報を表示。「早戻し再生ボタン」を押せば、放送中、番組を見直すこともできる。

 「世界ふれあい街歩き」では、テレビが訪れた街の通りや、名所旧跡、出会った人達の情報を表示。セカンドスクリーンには、スタッフが撮影したスナップショットなどを、番組の進行に合わせて表示する。

「Biz+サンデー」
「世界ふれあい街歩き」

 なお、11月から総合テレビ「あさイチ」では、火曜日に放送される「夢の3シェフNEO」&「夢の3シェフグラン」のコーナーもHybridcast対応となる。

(山崎健太郎)