ニュース

PS4 Ver.2.00「Masamune」は10月28日提供。YouTube投稿やシェアプレイ、USB音楽再生

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、PlayStation 4(PS4)のシステムソフトウェアVer.2.00を10月28日より提供開始する。Ver.2.00のコードネームはMasamune(マサムネ)で、SHARE機能を大幅に強化、友人をPS4に招待し、プレイできるシェアプレイの対応や、YouTubeへのビデオ投稿などが可能になる。

PlayStation 4

 Ver.2.00の機能強化点は、シェアプレイの対応のほか、YouTubeへの動画投稿機能、USB接続したHDDやメモリの音楽再生機能、Live from PlayStationやテーマ機能の強化など。

 「シェアプレイ」は、ネットワーク経由で同じパーティのメンバーをビジターとして自分のPS4に招待し、一緒に遊ぶことができる機能。プレイ中のゲームにフレンドを招待でき、クリアできないシーンを手伝ったもらったり、隣に座っているかのように対戦が行なえる。

 「画面の共有」(ホストのゲーム画面をビジター側に表示。操作はホスト)、「ビジターがあなたに代わってプレイ」(コントローラの操作権をビジターに渡す)、「一緒にゲームプレイ」(ホストとビジターが一緒にプレイ)の3種類のシェアプレイを選択できる。なお、シェアプレイの利用にはホスト、ビジターともにPlayStation Plusに加入している必要がある。

シェアプレイに新対応

 また、ビデオクリップのアップロードにYouTubeも対応する。これまではFacebookのみだったが、SHAREボタンからのYouTubeへの動画シェアが可能となる。PS4からYouTubeにシェアされた動画はWhat's Newやアクティビティから再生できる。

YouTubeへの動画投稿が可能に

 USBミュージックプレーヤーも追加。USBメモリやHDDなどに[Music]フォルダを作成し、同フォルダ内に保存したMP3とAACファイルの再生が可能になる。これによりゲームをプレイしながら、音楽ファイルの再生が行なえる。

USBミュージックプレーヤー

 ブロードキャスト機能も強化し、配信者が画面に簡易メッセージを入れられるほか、ブロードキャストに自分が参加しているパーティーの音声を含めたり、ニコニコ生放送で放送している番組のコメント番号表示が可能になる。また、ブロードキャスト中も、PS4を声で操作可能となる。

 Live from PlayStationには、「おすすめ」カテゴリーが追加。また、気に入った配信者をフォローできるようになる。視聴画面から戻ったとき、ミニプレイヤー内で視聴画面を流しながら、Live from PlayStationの他のブロードキャストを探すことも可能。また、PS4から配信された番組のアーカイブを視聴にも対応する(配信前にアーカイブ設定された番組のみ)。そのほか、Twitchの絵文字に対応や言語別の番組をフィルターにも対応した。

 また、PlayStation Vitaにアプリを追加することで、VitaからLive from PlayStationを視聴可能になる。

ブロードキャスト機能でニコ生コメント表示

 ユーザーごとにホーム画面や機能画面のテーマ変更も可能となり、テーマはPS Storeからダウンロードできる。Masamuneの公開に合わせて、PS Storeでは28日より「どこでもいっしょ」オリジナルデザインのテーマ「トロのお部屋編」(300円)を販売し、PS Plus加入者は11月5日〜18日の期間限定で無料ダウンロードできる。

テーマ色変更も可能に

(臼田勤哉)