ニュース

「氷菓」が'15年2月BD-BOX化。単品版の約半額、TV未放送話や描き下ろし漫画収録

 テレビアニメ「氷菓」が、Blu-ray BOX化される。発売日は2015年2月27日。全23話を収録し、価格は38,000円。原作者原案の描きおろし漫画などを特典として同梱する。発売・販売元はKADOKAWA 角川書店。

公式サイトでBD-BOX化が発表されている
(C)米澤穂信・角川書店/神山高校古典部OB会

 単品版のBlu-rayは11巻構成で既に発売されており、価格は各7,000円。全巻を購入すると77,000円となる。今回のBD-BOXは38,000円で、39,000円低価格になっている。

 片面2層ディスク4枚組に全23話を収録。テレビ未放送で、コミックスに同梱されたアニメも収めている。さらに、新規特典映像として、「2013年度 生き雛祭り取材映像(出演:千反田える役:佐藤聡美)」を収録する。本編の収録時間は525分、特典映像は45分。

 特製解説本(144ページ予定)も同梱しており、原作者・米澤穂信原案による、タスクオーナ描きおろし漫画を掲載予定。BOXとジャケットイラストは京都アニメーションによる描き下ろしとなる。

タイトル 仕様 音声 品番 価格
氷菓 Blu-ray BOX 片面2層×4
本編525分
特典45分
16:9
1080p
MPEG-4 AVC
リニアPCM 2ch KAXA-9806 38,000円

あらすじ

原作小説「氷菓」電子版の表紙

 “やらなくていいことはやらない。 やらなければならないことは手短に”がモットー、省エネを信条とする高校生の折木奉太郎は、ひょんなことから廃部寸前のクラブ・古典部に入部することに。

 そこで出会ったのは、「わたし、気になります!」が口癖、好奇心旺盛な少女・千反田えるだった。中学からの腐れ縁・福部里志や伊原摩耶花も加わり、古典部の4人は、神山高校を舞台に、様々な事件を推理・解決していく……。

 米澤穂信の推理小説、古典部シリーズを原作としたテレビアニメとして、2012年に放送された。制作・京都アニメーションによるハイクオリティな映像と、中村悠一、佐藤聡美ら声優陣による名演でアニメファンに高く評価されている。

Amazonで購入
氷菓 Blu-ray BOX

(山崎健太郎)