ニュース

シャープ、倍速駆動の50型フルHD TV「AQUOS LC-50W20」

ホワイトも用意し、約14万円。セガのテレビーナ対応

 シャープは、50型のフルHD液晶テレビ「AQUOS LC-50W20」を11月30日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は138,000円前後。カラーはブラック(-B)とホワイト(-W)の2色

LC-50W20(ホワイト)

 50型/1,920×1,080ドットのフルHDパネルを採用し、視野角は176度。120Hzの倍速フルHD液晶技術を採用する。バックライトはエッジ型のLED。3Dには対応しない。高画質アクティブコンディショナーなどの高画質技術を搭載する。

LC-50W20(ブラック)

 チューナは地上デジタル×2、BS/110度CSデジタル×2。別売のUSB HDDへの録画機能を備えており、バッファローの「レコロング」対応HDD利用時には、約3〜4倍の長時間録画が可能となる。なお、チューナの1系統は裏番組視聴専用のため、2番組の同時録画には対応しない。

 Ethernetと無線LANを装備し、ネットワークサービス「AQUOS City」に対応。アクトビラなどのVODサービスも利用できる。DLNA/DTCP-IPクライアント機能となる「ホームネットワーク」機能に対応。番組情報とネット情報を一覧表示する「ビジュアルモーションガイド」も採用している。

 また、13日より発売された、セガの知育エンターテインメント「テレビーナ」に対応。無線LANで接続されたテレビとスマートフォンの2つの機器で対応アプリを動作させ、テレビでの画像表示とスマホでのコンテンツ操作を連携させて楽しめる。例えば、クイズやパズルのグラフィックをテレビ上に表示させ、選択項目をスマホに表示/決定可能にする知育コンテンツなどが提供可能となる。

 ステレオスピーカー/10W×2chのデジタルアンプも内蔵。入力端子はHDMI×3(1系統はMHL対応)と、D5×1、コンポジットなど。光デジタル音声出力やヘッドフォン出力も備えている。

 消費電力は約103W、年間消費電力量は76kWh/年。スタンドを含む外形寸法は、112.3×31.5×68.4mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約21kg。

(臼田勤哉)