ニュース

東芝、スマホをかざして保存画像を確認できるNFC搭載SDカード。8GBが2,000円台

 東芝は、世界初のNFC搭載SDHCメモリーカード3モデルを2月21日に発売する。NFC対応のAndroidスマートフォンをかざして、カード内の画像を確認できるプレビュー機能が特徴。価格はオープンプライスで、税込の店頭予想価格は8GB(SD-NFC08GA)が2,000円台半ば、16GB(SD-NFC16GA)が3,000円台半ば、32GB(SD-NFC32GA)が6,000円台後半〜7,000円前後。2月12日よりパシフィコ横浜で開幕したカメラと写真の総合展示会「CP+ 2015」に出展している。

SD-NFC32GA

 カードにNFC対応のAndroidスマートフォンをかざすことで、専用アプリ「Memory Card Preview」(無料)から、カード内にある写真のサムネイルを最大16枚まで表示して確認可能。カードをPCやSDカードリーダーに挿入しなくても、どんな写真がカード内にあるかチェックできる。カードの使用容量や空き容量も確認可能。ファイルのワイヤレス転送には対応しない。アプリの推奨端末は、Android OS 4.0〜4.4搭載機種。

 データ転送バスインターフェイス(UHSバスマーク)は、「UHS-I」(転送速度最高104MB/秒)。既存のSDHCメモリーカードとの互換性も維持しており、UHS-I規格非対応の機器で使用した場合は、class10規格で動作する。

プレビューイメージ
CP+ 2015に出展している

(一條徹)