ニュース

バンダイビジュアル、BD購入者にスマホ向け映像DL販売。第1弾はガンダム THE ORIGIN

 バンダイビジュアルは、Blu-ray/DVDの購入者に対し、ソフトに封入されたシリアルコードを指定のWebサイトで入力すると、Android/iOS端末で再生できる本編映像をダウンロード購入できる新サービス「BANDAI VISUAL+」を4月24日から開始する。第1弾対象タイトルは同日発売の「機動戦士ガンダム THE ORIGIN I」のBD/DVDで、DL価格は通常1,000円だが、サービス開始記念で期間限定で無料DLできる。

「BANDAI VISUAL+」のロゴマーク

 バンダイビジュアルと、配信事業を行なっているバンダイチャンネルが共同開発した新サービス。対象となるBD/DVDにシリアルコードが封入されており、指定のWebサイトでコードを登録すると、モバイル端末(Android/iOS)に、購入したソフトの本編映像が有料でダウンロードできるというもの。

 「機動戦士ガンダム THE ORIGIN T」の場合、ダウンロード価格1,000円だが、サービス開始記念として、4月24日〜7月23日(予定)の期間中にシリアルコードを登録すると、無料でダウンロード/視聴できるという。1つのシリアルコードで、3回までダウンロードできる。

 ダウンロード購入したコンテンツの視聴には、アプリの「DISC PLUS」を利用する。「BANDAI VISUAL+」のシステムには、メモリーテックが開発した「DISC PLUS」が採用されている。アプリは4月中旬頃にリリース予定。視聴可能な端末は、Android 4.1以上、iOS 7以上のiPhone/iPod touch/iPad/iPad miniを予定している。

機動戦士ガンダム THE ORIGINT Blu-ray Disc Collector’s Edition(初回限定版)
(C)創通・サンライズ
機動戦士ガンダム THE ORIGINT Blu-ray 通常版
(C)創通・サンライズ

 第1弾対象タイトルとなる、「機動戦士ガンダム THE ORIGIN I」BD/DVDは既報の通り、4月24日に発売される。価格はBDが6,800円、DVDが5,800円。また、2月28日から劇場でのイベント上映が実施され、上映劇場では初回限定版のBDも9,259円で発売される。この初回限定版も、「BANDAI VISUAL+」の対象となるが、サービス開始前の登録・決済・ダウンロードはできない。

機動戦士ガンダム THE ORIGINとは

機動戦士ガンダム THE ORIGIN I
(C)創通・サンライズ

 1979年に放送が開始された「機動戦士ガンダム」。同作にキャラクターデザインとアニメーションディレクターとして参加した安彦良和が、ファーストガンダムの物語を、新たな形で描いたコミックが「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」で、シリーズ累計発行部数1,000万部を誇る。それをアニメ化したのが、今回のアニメシリーズとなる。

 アニメの第1弾では、後に“赤い彗星”と呼ばれるシャア・アズナブルと、彼の妹セイラ・マスの運命を決定づけた悲劇と過去、2人の兄妹の流転の物語を全4話構成で描く予定。安彦良和は、総監督、キャラクターデザイン、絵コンテを担当。監督は「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」の今西隆志、メカニカルデザインはカトキハジメ、総作画監督に「ダンボール戦機」の西村博之と、豪華なスタッフが参加している。

Amazonで購入
機動戦士ガンダム
THE ORIGIN I
[Blu-ray]
機動戦士ガンダム
THE ORIGIN I
[DVD]

(山崎健太郎)