ニュース

4Kウェアラブルカメラ「HX-A500」に迷彩モデル。パナソニックとSPYがコラボ

 パナソニック コンシューマーマーケティングは、運営する直販サイト「Panasonic Store」において、ウェアラブルカメラ「HX-A500」の迷彩デザインモデル「SPY-A500-D」を21日から限定販売する。アイウェアブランドSPYとのコラボモデルで、直販価格は37,800円。180台の限定販売となる。

 なお、Panasonic Storeでは4月21日14時〜5月19日13時までの間、モニター販売も実施する。

ウェアラブルカメラ「HX-A500」の迷彩デザインモデル「SPY-A500-D」

 SPYは、1994年に設立されたアイウェアのブランド。サングラスやスキー用のゴーグルなどを多数手掛けている。コラボレーションについてパナソニックでは、「SPYのゴーグル、ウェアラブルカメラを組み合わせれば、多様なアクションスポーツの映像を楽しめる」としている。

 これに合わせてPanasonic Storeでは、SPYの迷彩デザイン入りのゴーグル、サングラスの取り扱いも開始する。

「HX-A500」のカメラ部分
SPYのアイウェア

 ベースとなる「HX-A500」は、筒状のカメラ部と、SDカードを挿入する本体部に別れ、両者が有線接続されたウェアラブルカメラ。同梱のヘッドマウント用アクセサリを使い、カメラ部を頬の位置にホールド。人間の目線で旅先の風景を撮影したり、スキーなどスポーツ中の視界も撮影できる。自転車のハンドルに取り付けるなど、アクションカメラとしても利用可能。

 フルHDに加え、4K30p撮影にも対応。本体部に液晶モニタも搭載し、スマートフォンなどを使わずに画角の確認もできる。

(山崎健太郎)