ニュース

ソニーのコンポ「CMT-SX7」、聴こえない音が大音量で出る不具合。ツイータ破損も

 ソニーは、7月11日に発売したハイレゾ対応CDコンポ「CMT-SX7」において、人に聴こえない高い周波数の信号が大音量で流れたり、スピーカーのツイータ部が高温になって破損するといった不具合があると発表した。ユーザーに対し使用を中止するよう呼びかけており、対策方法を2週間以内にサイトで案内する予定。

CMT-SX7

 原因は「電気部品の不具合」としており、主な症状として「音楽が正常に再生されずノイズが聞こえる」、「人の耳では聴きとれない高い周波数の信号が大音量に相当する音圧レベルでスピーカーもしくはヘッドフォンから出力される」、「スピーカーのツイータ部が高温になり破損する」場合があるという。なお、ツイータ部については「微量の発煙・異臭を伴う場合があるが、周囲への損傷などに至ることはない」としている。

 対象製品の製造番号は、2100001〜 2105394。該当のユーザーに対し、安全のため電源プラグをコンセントから抜き、使用を中止するよう呼びかけている。現在、対策方法を検討しており、詳細は2週間以内に同社サイト上で改めて告知する予定。既に症状が発生したユーザーへの問い合わせ窓口は下記の通り。

【問い合せ先】
ソニーお客様専用デスク
Tel.0120-155-899
受付時間 月〜金:9:00〜18:00/土・日・祝日 9:00〜17:00

 「CMT-SX7」(実売6万円前後)は、IEEE 802.11a/b/g/nの無線LANを搭載し、ハイレゾ楽曲のDLNA再生などが可能なコンポ。DSDは2.8MHzまで再生できるが、リアルタイムでリニアPCM変換しながらの再生となる。CDやMP3の音楽を最大192kHz/24bitまでアップスケーリングして処理するDSEE HXも利用可能。Bluetoothも搭載し、コーデックはSBC、AACに加え、LDACもサポートする。ハイレゾ対応のブックシェルフ型スピーカーもセットになっている。

(中林暁)