ニュース

「仮面ライダークウガ」がBlu-ray BOX化。グロンギ語の日本語字幕収録

 「仮面ライダークウガ」がBlu-ray BOX化される。特典に、敵の怪人グロンギ一族が話す言語の日本語字幕「超古代語対訳(グロンギ・リント)」を収録。BOX第1弾は2016年1月6日発売で、価格は22,800円。第2弾は同年3月9日、第3弾は同年5月11日に、それぞれ22,800円で発売予定。発売元は東映ビデオ、販売元は東映。

仮面ライダー Blu-ray BOX 1
(C)石森プロ・東映

 「仮面ライダークウガ」は、2000年〜2001年にかけてテレビ放送された作品。11年ぶりに放送されたシリーズでもあり、“昭和ライダー”へのオマージュがありつつ、まったく新しい「仮面ライダー」を作り上げた、「平成仮面ライダー」シリーズの第1弾でもある。

 仮面ライダークウガ=五代雄介をオダギリジョー、クウガと共にグロンギと戦う刑事=一条薫を葛山信吾が演じ、その後の“イケメンライダー”ブームの先駆けにもなった。

仮面ライダークウガ
(C)石森プロ・東映

 BOX第1弾には、片面2層ディスク3枚を収録。1話から16話までを収録。本編映像は、SD素材を元にアップコンバートし、最新のHD化作業を施したものだという。

 特典の「超古代語対訳(グロンギ・リント)」は、クウガの敵=怪人のグロンギ一族で話す言語に全編日本語字幕をつけたもの。放送当時は一切の対訳字幕が付いていなかった。過去に東映チャンネルで字幕付き版が放送されたが、ソフト化は今回が初めて。

 他にも特典として、EPISODE1.2に未放映シーンを追加したディレクターズカット版「仮面ライダークウガ 特別篇」を収録。ボーナスディスクには新番組特報、番宣スポット、予告篇PR、ジャンクションコレクション、インタビューなどを収録予定。これらはDVDに収録されていたものとなる。

 また、初回生産限定で全巻収納BOXが付属。ブックレットも用意する。

発売日 タイトル 仕様 音声 品番 価格
2016年
1月6日
仮面ライダー
クウガ
Blu-ray BOX 1
3枚組
1〜16話収録
16:9
1080i
グロンギ・リント
日本語字幕
リニアPCMステレオ BSTD08973 22,800円
2016年
3月9日
仮面ライダー
クウガ
Blu-ray BOX 2
3枚組
17〜33話収録
16:9
1080i
グロンギ・リント
日本語字幕
リニアPCMステレオ BSTD08974 22,800円
2016年
5月11日
仮面ライダー
クウガ
Blu-ray BOX 3
3枚組
34〜49話収録
16:9
1080i
グロンギ・リント
日本語字幕
リニアPCMステレオ BSTD08975 22,800円
Amazonで購入
【早期購入特典あり】
仮面ライダークウガ
Blu‐ray BOX 1
(オリジナルポスター付き)
【早期購入特典あり】
仮面ライダークウガ
Blu‐ray BOX 2
(オリジナルポスター付き)
【早期購入特典あり】
仮面ライダークウガ
Blu‐ray BOX 3
(オリジナルポスター付き)
Amazonで購入
仮面ライダークウガ
Blu‐ray BOX 1
仮面ライダークウガ
Blu‐ray BOX 2
仮面ライダークウガ
Blu‐ray BOX 3

(山崎健太郎)