ニュース

“ミネラルミックス”でオーディオ機器の音質改善を図る「グランドボックス」

 オヤイデは、スウェーデンEntreq(エントレック)のグランドボックスの新製品として、「Minimus」と「Silver Minimus」を29日より発売する。アースケーブルでオーディオ機器と繋いで、電磁波の不要輻射を低減するもので、価格はいずれもオープンプライス。店頭予想価格はMinimusが50,000円前後、Silver Minimusが78,000円前後。特約店とオヤイデ電気の直売のみで販売する。

Minimus

 背面のアースケーブル用端子とオーディオ機器のシャーシなどをアースケーブルで繋ぎ、グランド電位を安定させて接続した機器の音質改善を図る。Entreqは、これまでに大型のグランドボックスとして「Tellus」(15万円前後)と最上位モデル「Silver Tellus」(34万円前後)を発売しており、Minimus/Silver Minimusはヘッドフォンアンプやコンパクトなコンポなど、デスクトップオーディオ向けという位置づけ。

'15年の「秋のヘッドホン祭」の参考展示

 2製品の違いは内容物の分量。どちらも金、銀、銅、亜鉛、マグネシウムなどの金属と、誘電性の鉱物の混合物(ミネラルミックス)を内蔵。Silver MinimusはMinimusに比べて銀を30%多く含むという。いずれも電子回路は内蔵していない。

Silver Minimus

 背面にターミナル×1を備え、2台のAV機器と接続可能。付属の1.8mアースケーブル(銀メッキ銅線)をAV機器のシャーシのネジやアース端子に接続し、機器のグランドをグランドボックスに落とすことで電磁波の不要輻射を抑え、機器のグランド電位の安定化も図るという。

 音質改善の効果として、オヤイデでは「音楽のディテールが鮮明に引き立つようになる。Minimusは主に中低域のレスポンスや分解能の改善、Silver Minimusはボーカルの質感や、高域の繊細な表現力をより際立たせる」としている。端子部を除く外形寸法は共通で、170×190×80mm(幅×奥行き×高さ)。

付属のアースケーブル
接続例

 オプションのアースケーブルとして、オヤイデ独自の102 SSC導体を採用した「3398Eシリーズ」が用意される。ケーブル端子の種類はYラグ-Yラグのほか、AV機器の空き端子に接続できるタイプのRCA-Yラグ、XLR-Yラグや、パソコンのUSB端子に繋げるUSB-Yラグなどを用意。価格はいずれもオープンプライスで、店頭予想価格は各3,600円前後。

102 SSC導体のアースケーブル「3398Eシリーズ」
パソコンのUSB端子に繋げたところ

 このほか、102 SSC導体を採用したヘッドフォン交換ケーブル「HPSCシリーズ」の新製品として、ステレオミニ−TRS標準の「HPSC-63」を同日発売。ケーブル長によって価格が異なり、1.3mは6,200円、2.5mは7,200円。

(庄司亮一)