ニュース

スマホで一眼用のレンズも使えるカメラリグ「BEASTGRIP PRO」

 ケンコー・トキナーは、米BEASTGRIP製のレンズマウント付スマートフォン用カメラリグ「BEASTGRIP PRO」(ビーストグリッププロ)を3月25日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は19,980円前後。

BEASTGRIP PROアダプターを介してカメラレンズを装着
BEASTGRIP PRO

 スマートフォンを使った本格的な写真・動画撮影が行なえるアクセサリ製品。樹脂製フレームに専用ワイドレンズなどを取り付けできるねじ込み式の37mm径マウントを備え、スマホのレンズ部に合わせてさまざまなレンズを取付可能。スマートフォンを固定するクランプ、アクセサリーシューも備える。クランプは自由可動タイプで、iPhone 6s Plusなどの画面の大きなスマートフォンにも対応する。

スマートフォンやマイク、フィルタを取り付けたところ

 37mm径マウントでマクロレンズとしても使える専用の0.43xスーパワイドレンズ(オープン/実売5,880円前後)や、180度フィッシュアイレンズ(同6,350円前後)も、同日より発売開始する。

0.43xスーパワイドレンズ
レンズは前部と後部で構成。後部はマクロレンズになる

iPhone 6s Plusなどに対応。キヤノン・ニコン用のレンズアダプタも発売予定

 バネ式のクランプでスマートフォンを固定。左右幅の調整やフィルターマウント部の上下移動、厚みの調整などが可能。フレームはガラス充填ナイロン強化樹脂を採用し、軽量さと剛性の高さを両立させた。

リグは軽量なため片手で持てる
スマホ固定部とマウント部は外すこともできる

 装着可能なスマートフォンのサイズは、幅が50〜92mmまで、レンズ位置からスマホ下端(長手方向)が95〜176mmまで、厚み16mm以内となっており、iPhone 6s Plusなど画面の大きなスマートフォンでも使用可能。

さまざまなサイズのスマホに合わせる調節機構を備える
キヤノンやニコンの一眼レフ用レンズを装着できるアダプタも用意

 さらに、海外で発売されている「DOFアダプター」の改良モデルも今後発売予定。キヤノンやニコンのフルサイズ一眼レフ用レンズを装着できるアダプタで、発売日・価格などの詳細は未定。

 海外で発売済みのDOFアダプターは、中にフォーカシングスクリーンを挟み込み、レンズを通って映しだされた像をスマホカメラで撮影する。電子接点はなく、絞りを電子制御するタイプのレンズでは常時開放絞りとなる。新しいアダプタは、フォーカシングスクリーンを使わずに直接、レンズからの光をスマホカメラで捉えるようにするなどの改良が加えられる予定。

DOFアダプターとスマホを装着したところ
海外で発売されているDOFアダプター
現行のアダプタでは内部のフォーカシングスクリーンに写った映像を撮る

 本体上部にはコールドシューを備え、フラッシュや動画撮影用LEDライト、ショットガンマイクなどを取付可能。下部には三脚ネジ穴を5つ備え、機材バランスに合わせて三脚に固定できる。37mm径マウントにはコンバージョンレンズを介してPLフィルターを取り付けることもできる。

 両側面にグリップを装着可能。持ちやすさを考慮しており、重いアクセサリを装着しても機材を落下させず、安全に使用できるという。

写真撮影用としてマウント部に角フィルタを装着
カメラ・レンズや三脚、ショットガンマイクを付けて動画撮影も

 ケンコー・トキナーブランドのカメラ用アクセサリや、トキナーブランドのカメラレンズ、三脚ブランドのスリック製品と組み合わせ、撮影スタイルに応じたさまざまな使い方が可能となる。

スタビライザを使ったイメージ
フィルタとリングライトも装着できる
ローアングル撮影システム
動画撮影用アクセサリを組み込んだ例
他社で発売されているスマホ用の写真・動画撮影アクセサリの例

 スマートフォンにレンズやフラッシュを取り付け、より高度な写真・動画撮影が行なえるアクセサリ製品はさまざまなメーカーから発売されているが、iPhone専用など特定機種の形状に合わせられていることが多く、一度スマホを買い換えてしまうと使えなくなってしまうが、BEASTGRIP PROであればそのような問題は起きないという。

 米BEASTGRIPは、米イリノイ州シカゴで'12年に創立したメーカー。クラウドファンディングのキックスターターで資金調達を行ない、3Dプリンタによるカメラリグの製造を行なっている。国内ではケンコー・トキナーが輸入代理・発売元になる。

 ターゲット層として、映像クリエーターやYouTube配信者、動画コンテンツの制作業者、映像関連の学校などを想定。アマチュア映画製作やインタビュー撮影、ライブ配信、教育関連などでの利用のほか、プロカメラマンのサブ機材としての利用も提案している。

ケンコー・トキナー モバイル製品担当リーダーのアレン・スミルノフ氏

 ケンコー・トキナー モバイル製品担当リーダーのアレン・スミルノフ氏は、「スマートフォンは常に持ち歩き、軽くてコンパクトな高性能のカメラユニット。iPhone 6s Plusであれば手ブレ補正機能も備え、4K動画も撮れる。多様なアプリも用意されている。最もポピュラーなカメラといえる」と語り、持ち運びのしやすさを活かしつつ、安価ながら本格的なスマホ撮影ソリューションとしてBEASTGRIP PROを訴求。専用のコンバージョンレンズやストラップ、レインカバーなども今後ラインナップするという。

コンバージョンレンズなどさまざまな専用アクセサリを追加予定
CP+ 2016のKPIブースに展示されていたBEASTGRIP PRO

 '15年のInterBEE ケンコー・トキナー/KPIブースでもBEASTGRIP PROが展示され、この時に同製品と初めて出会って輸入品を使い始めたという映像作家の中村知好氏は、「今年で68になるが、動画撮影の機材は重くて持ち運びが大変。最近、iPhone 6s Plusを使い始めて、プロ用機材にも劣らない画質の良さに非常に驚いた。これをBEASTGRIP PROと組み合わせると、いままで使ってきたカメラ用機材がすべて使える。たとえば、可変NDフィルタを使ったプロ用途の撮影もできる。スマホカメラマンへの道を拓いてくれた」とコメント。実際にBEASTGRIP PROとiPhone 6s Plusを使った多数の静止画・動画の作品も披露していた。

映像作家の中村知好氏
可変NDフィルタと組み合わせた使用例

(庄司亮一)