ニュース

Noble Audio、BA6基のアルミシェルイヤフォン「Django」など

 宮地商会M.I.D.は17日、Noble Audioのユニバーサルタイプのイヤフォン5製品のデザインや製品名を変更し、4月下旬以降より発売する。17日より注文受付を開始。3〜6ドライバモデルをラインナップし、価格は45,000円〜10万8,000円(税込)。モデルチェンジされるのはCLASSIC Nobleシリーズ4製品とSavant Universalで、外装にカラーのアルミシェルを採用。製品名はドライバ数ごとに異なり、最上位6BAドライバモデルが「Django」(ジャンゴ)。

6BAドライバ「Django」
Savant Universal II

 新しい製品名は、3BA(バランスドアーマチュア)ドライバモデルが「Trident」、4BAドライバが「Savanna」、5BAドライバ「Dulce Bass」、6BAドライバ「Django」となり、これまでの各モデルのドライバ数に合わせた製品名「CLASSIC Noble 3/4/5/6」から変更。また、Savant Universalの後継機種名は「Savant Universal II」となる。

 新モデルの外観デザインは、モデル毎に異なる鮮やかなカラーのアルミシェルと、グリッター・プラスティックシェル(各モデル共通)の組み合わせで「ポップでインパクトの強いルックス」に刷新。また、Savant以外の4機種はチューニング調整も施され、「これまでのNoble Audio IEMが持つクセの少ないバランスが取れた特徴はそのままに、より音楽的にIEMリスニングを楽しめるサウンド・キャラクターに生まれ変わる」としている。各モデルの詳細は、同社サイトに掲載されている。


    新製品(ドライバ数)の税込価格
  • Trident(BA×3):45,000円
  • Savannah(BA×4):55,000円
  • Dulce Bass(BA×5):75,000円
  • Django(BA×6):10,8000円
  • Savant Universal II(非公表):79,800円

 旧モデルが最大10,000円値引きとなるキャンペーンも実施。CLASSIC Noble 3/4が5,000円値引きされ、3ドライバモデルを34,900円(税込)、4ドライバモデルを44,900円(同)で販売。CLASSIC Noble 5/6とSavantは10,000円値引きで、税込価格は5ドライバが59,000円、6ドライバが98,000円、Savantが69,800円となっている。キャンペーンは在庫が完売次第終了する。

カラーのアルミシェルとグリッター・プラスティックシェルの組み合わせた筐体
旧製品「CLASSIC Noble 3」

(庄司亮一)