ニュース

ローランドのMIDI音源「SOUND Canvas」、iOSアプリで復活。Core MIDI連携も

 ローランドは、1990年代にコンピュータミュージック用の音源として広まった「SOUND Canvas」シリーズを再現したiPhone/iPadアプリ「SOUND Canvas for iOS」を、1月29日よりApp Storeで販売開始した。税込価格は2,000円だが、2月10日までは特別価格として1,500円となっている。対応OSはiOS 8.1.2以降で、動作確認済みの機種は、iPhone 5s/6/6 Plus、iPad mini 2/mini 3、iPad Air/Air 2。

SOUND Canvas for iOS

 ローランドが1988年に「ミュージくん」を発売して以来、楽器が弾けない人でも音楽制作が楽しめるコンピュータミュージックが広まり、その最盛期とされる'90年代にハードウェアの音源モジュール「SOUND Canvas」シリーズが発売された。当時のスタンダード音源として支持され、現在でも多くの音楽シーンで使われている。

 29日に発売されたiPhone/iPad対応音源アプリの「SOUND Canvas for iOS」は、1,600音色/63ドラムセットを搭載し、16パートの楽器を同時に鳴らすことが可能。ハードウェアの「SOUND Canvas」シリーズとの互換性を考慮しつつ、最新技術を駆使して現代にリバイバルしたという。SMF(Standard Midi Files)のプレーヤー機能も内蔵。ジャズやロック、ポピュラーのヒット曲から、フルオーケストラによる映画音楽やシンフォニーまで、SOUND Canvasシリーズ用に作成された数多くの曲データをiPhoneやiPadでそのまま楽しめる。Core MIDIに対応し、他の音楽制作アプリとの連携も可能。

 「SC-8820」、「SC-88Pro」、「SC-88」、「SC-55」の4種類の音色配列(マップ)を搭載し、SOUND Canvasシリーズの互換性を確保。また、「CM-64」「GM2」の音色配列のSMF再生にも対応する。内蔵エフェクトにはリバーブ/コーラス/ディレイ/2バンドEQに加え、64種類のインサーションエフェクトを装備する。なお、アプリで音色やインサーションエフェクトのエディットは行なえない。

SOUND Canvas スキン(iPad画面)
SOUND Canvas スキン(iPhone画面)

 内蔵のSMFプレーヤーは、曲のキーやテンポを変更できるほか、任意の区間を繰り返し再生できるループ再生機能、複数の曲を連続再生できるソング・リスト・プレイ、ドラム/ベース/ギター/ボーカルのアイコンをタップするだけで任意の楽器音を消して楽器練習に使えるイージー・マイナス・ワンなどの機能を搭載。

 Core MIDI対応により、ローランドの「UM-ONE mk2」など別売のiPhone/iPad対応MIDIインターフェイスと組み合わせることが可能で、別売のLightning-USBカメラアダプタなどを介して接続したiPhoneやiPadを外部音源として使用できる。また、別アプリの「Roland MusicData Browser」を使って、SMFミュージックデータの購入も可能。

Playerスキン(iPad画面)
Playerスキン(iPhone画面)
Amazonで購入

(中林暁)