パイオニア、LDプレーヤーの生産を終了の方向で検討


 パイオニア株式会社は、DVDコンパチブル機も含めたLDプレーヤー事業からの撤退を検討していることを明らかにした。現在、国内でLDプレーヤーを製造しているのはパイオニア1社のみとなっており、同社が撤退すればLDプレーヤーの新品を入手できなくなる。

 現在、DVDの急伸に押され、LD市場が急激に縮小。同社は、コンパチブル機を含め、累計で約360万台(国内)を出荷しているが、現在は月間1〜2千台に落ち込んでいる。また、LD用のパーツの入手も困難になっているという。

 同社広報は、「DVDに市場が移っていることは明らかであり、時期を含め撤退を検討している」と話している。なお、一部の「2003年3月までに撤退」との報道については、「撤退時期については、あくまで検討段階であり、まだ決定していない」という。

 なお、同社のLDプレーヤーの現行機は、DVD/LDプレーヤー「DVL-H9」(23万円)と「DVL-919」(115,000円)、ハイビジョンLDプレーヤー「HLD-X9」(35万円)、LDプレーヤー「LD-S9」(18万円)、「CLD-R5」(オープンプライス)、DVD/LDカラオケ「DVK-900」(228,000円)、「DVL-K88」(148,000円)。ただし、「HLD-X9」、「LD-S9」、「DVL-H9」に3機種については、2002年1月末に最終注文を締め切っている

□パイオニアのホームページ
(5月24日現在、この件に関する情報は掲載されていない)
http://www.pioneer.co.jp/
□DVD/LD製品情報
http://www.pioneer.co.jp/dvdld/

(2002年5月24日)

[furukawa@impress.co.jp]

I
◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】

00
00  AV Watchホームページ  00
00

ウォッチ編集部内AV Watch担当 av-watch@impress.co.jp

Copyright (c) 2002 impress corporation All rights reserved.