ヤマハ、ローインピーダンス設計の6ch AVアンプ2機種
―DTS-ES、NEO:6、AACドルビーEXにも対応


8月上旬より順次発売

標準価格:「DSP-AX2300」125,000円
     「DSP-AX1300」88,000円

連絡先:AV・IT事業本部
    お客様相談センター
    Tel.0570-01-1808

 ヤマハ株式会社は、ローインピーダンス設計思想「ハイカレントアンプ・テクノロジー」を採用した6ch AVアンプ2機種を発売する。発売時期は「DSP-AX1300」が8月上旬、「DSP-AX2300」が9月上旬。価格はAX1300が88,000円、AX2300が125,000円となっている。

DSP-AX1300 DSP-AX2300

 AX2300とAX1300は、2001年10月発売の「DSP-AX2200」(125,000円)、「DSP-AX1200」(88,000円)の後継機にあたる。AX2300、AX1300との違いは出力W数や、付属リモコン、DSPプログラムなどで、それ以外の対応フォーマットなどの仕様はほぼ同じ。

 最大の特徴は、新ローインピーダンス設計思想「ハイカレントアンプ・テクノロジー」を採用したこと。ハイカレントアンプ・テクノロジーとは、パワーアンプの理想とされる内部インピーダンス“0”を目指した設計思想。

 極太インレット電源ケーブルや、ローインピーダンス設計電源トランス、極太ジャンパーピン、アースポイント銅製専用部品などの様々なローインピーダンス設計部品を採用して、内部インピーダンスを上昇させる要因を排除。さらに、コンストラクションの見直しにより、アンプ内部の信号経路の最短化を実現したという。

 また、デジタルセクションの高性能化により、パワーアンプまでのアナログ信号経路の最短化を図る「デジタルマキシマムコンセプト」も投入されている。従来アナログ領域で行なっていたバス・マネージメントを、32bitDSP「YSS-938」でデジタル処理する(メインL/Rはアナログ処理)ことで、アナログフィルタ回路を排除。加えてヤマハ製高精度ボリューム素子をマイコンでコントロールすることで、各チャンネル間のレベル調整回路も排除したという。さらに、192kHz/24bit DAコンバータを全chに採用している。

 パワーアンプはオールディスクリート構成となっており、各々のパワートランジスタを役割ごとに2つのヒートシンクに振り分けて装着する新設計「ツインヒートシンク」を搭載。ツインヒートシンクは、振動吸収特性を持つ「アートベース」上に設置され、不要な振動からも守られている。

 音声フォーマットはドルビーデジタル、DTSに加え、「DTS-ES(ディスクリート/マトリックス)」、「ドルビーデジタルEX」、AAC 5.1、6.1チャンネル対応「AACドルビーEX」にも対応。さらに、2チャンネルソフトを5.1chチャンネル化する「ドルビープロロジック II」、「NEO:6」もサポートする。

 また、6chアナログ入力には、センターとサブウーファチャンネルをメインチャンネル(L/R)にダウンミックスする「6-4ダウンミックス」機能を搭載。大型メインスピーカー使ったHiFiオーディオシステムにも対応する。

 サラウンドプログラムはAX2300には28、AX1300には27種類内蔵。今回新たに、ミュージックビデオをライブ感豊かに楽しめるという「MUSIC VIDEO」が加わった。また従来どおり、フロントスピーカーだけでサラウンドを再現する「バーチャル・シネマDSP」、5.1chをヘッドフォンで再生する「サイレントシアター」を装備する。なお、DSP音場効果の強さを加減できる「DSP LEVEL」パラメータが新設された。

 また、S映像信号と、コンポジット信号を変換するビデオコンバージョン回路を新搭載。AX2300ではS映像とンポジットを双方向に、AX1300ではS映像をコンポジット信号に変換できる(モニターアウトのみ)。

 音量調節は独自の「インテリジェント・デジタルボリューム」となっており、本体フロントパネルのボリュームノブ、付属のリモコンともに、短い操作では微妙に、長い操作では素早く音量調節ができる。


【主な仕様】

DSP-AX2300DSP-AX1300
FM/AMチューナ
定格出力110W×6100W×6
実用最大出力165W×6150W×6
周波数特性10Hz〜100kHz(0/-3dB)
ドルビーデジタル EX
DTS-ES
MPEG-2 AAC
AAC Dolby EX
ドルビープロロジック II
DTS NEO:6
サラウンドプログラム2827
付属リモコンマクロ対応学習リモコン学習リモコン
消費電力
(待機電力)
290W(0.6W)260W(0.5W)
外形寸法
(幅×奥行き×高さ)
435×434×171
重量15.0kg
【入出力端子】
入力音声アナログ10系統
1系統(6ch INPUT)
光デジタル音声5系統
同軸デジタル音声2系統
映像コンポジット映像6系統
S映像6系統
コンポーネントビデオ2系統
D4端子2系統
出力 REC OUTアナログ4系統
光デジタル音声2系統
コンポジット映像2系統
S映像2系統
MONITOR OUTコンポジット映像1系統
S映像1系統
D4端子1系統
コンポーネントビデオ1系統
発売日9月上旬8月上旬
価格125,000円88,000円

□ヤマハのホームページ
http://www.yamaha.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.yamaha.co.jp/news/2002/02073101.html
□関連記事
【2001年8月31日】ヤマハ、6.1ch対応エントリークラスのAVアンプ3機種
 ―MPEG-AAC、ドルビープロロジック IIにも対応
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20020207/yamaha1.htm
【2001年8月31日】ヤマハ、DTS-ESなど最新フォーマットに対応した6chAVアンプ
 ―ドルビープロロジック II、AACデコーダも同社で初めて内蔵
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20010831/yamaha1.htm
【2001年4月9日】ヤマハ、上位機種と同じLSIを搭載したAVアンプ3機種
 −全モデル、ヘッドホン仮想5.1ch「サイレントシアター」を搭載
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20010409/yamaha1.htm

(2002年7月31日)

[furukawa@impress.co.jp]

I
◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】

00
00  AV Watchホームページ  00
00

ウォッチ編集部内AV Watch担当 av-watch@impress.co.jp

Copyright (c) 2002 Impress Corporation All rights reserved.