ケンウッド、デジタルアンプ採用のポータブルMDプレーヤー
―折りたたみ式スピーカー内蔵充電スタンドを同梱


9月下旬より順次発売

標準価格:オープンプライス

連絡先:カスタマーサポートセンター
     Tel.03-3447-5335(東京)
     Tel.06-6394-8085(大阪)

 株式会社ケンウッドは、折りたたみ式のスピーカー内蔵充電スタンドを同梱したポータブルMDプレーヤー「DMC-Q77」を10月上旬に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は26,000円前後になる見込み。

 また、2種類のイヤフォンが付属する「DMC-Q55」と、スタンダードモデルの「DMC-Q33」も発表。価格はともにオープンプライスで、店頭予想価格はそれぞれ、25,000円前後、2万円前後と見られる。


■ DMC-Q77

DMC-Q77-S
 本体にアルミ素材を使用したMDLP対応のポータブルMDプレーヤー。外形寸法は72.3×78×14.1mm(幅×奥行き×高さ)、重量は64.8g(本体のみ)となっている。シルバー(-S)、ブルー(-L)、ブラック(-B)の3色をラインナップする。漢字表示対応のバックライト付き薄型リモコンが付属する。

 付属充電池による電池持続時間は、SPが40時間、LP2が57時間、LP4が64時間。充電池と単3アルカリ電池を併用すれば、111時間、159時間、174時間の再生が可能になる。

 最大出力4.3mW×2chのデジタルアンプを採用し、信号のフルデジタル伝送を実現、音質劣化の低減や低消費電力化を図ったという。さらに、音楽情報をより忠実に再現するという「D.P.A.C.」(デジタル・パルス・アクシス・コントロール)機能を搭載している。

 また、音場を拡大するという「Digital 3D effect」を装備。音質調整機能の「Digital SOUND EQ」と併用が可能で、高音、低音、サラウンドを任意に組み合わせることができる。

 付属の充電スタンドには、35mW×2chのアクティブステレオスピーカーを内蔵。さらに新機軸として、折りたたむことが可能になった。スタンドでの再生時間は最大約10時間となっている。

 なお、リモコンは2行表示が可能で、「曲番号と再生時間」、「ディスク名」、「曲名」、「グループ名」、「再生モード」、「KENWOOD」の6種類から表示を選択できる。


■ DMC-Q55

DMC-Q55-S
 インナーイヤータイプと、耳かけ式の2種類のヘッドホンが付属するモデル。カラーは、シルバー(-S)、ブルー(-L)、ブラック(-B)の3色を用意する。Q77と異なり、充電スタンドにアクティブスピーカーを搭載していない。

 デジタルアンプやDigital 3D effectの搭載、2行表示リモコンの同梱といった特徴はQ77と同じで、電池持続時間も共通。外形寸法は72.3×78×14.4mm(幅×奥行き×高さ)、重量は62.6g(本体のみ)となっている。


■ DMC-Q33

DMC-Q33-W
 Q55と共通のボディを採用したスタンダードモデル。同じくデジタルアンプを採用するが、Digital 3D effectは搭載していない。また、付属リモコンが漢字表示に非対応となる。ホワイト(-W)とピンク(-P)を用意する。充電スタンドは折りたたみ可能で、スピーカーは非搭載。

 電池持続時間は、付属の充電池でSPが36時間、LP2が52時間、LP4が57時間。単3アルカリ電池併用時には、100時間、144時間、158時間となる。外形寸法はQ55と同じだが、重量は64.3g(本体のみ)と2.7g重い。

□ケンウッドのホームページ
http://www.kenwood.com/jhome.html
□ニュースリリース
http://www.kenwood.com/j/press/press20020905_1.html
□関連記事
【2001年10月3日】ケンウッド、連続再生約153時間のポータブルMDプレーヤー
−ステレオスピーカー/タイマー搭載充電スタンド同梱モデルなど
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20011003/kenwood.htm

(2002年9月5日)

[orimoto@impress.co.jp]

I
◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】

00
00  AV Watchホームページ  00
00

ウォッチ編集部内AV Watch担当 av-watch@impress.co.jp

Copyright (c) 2002 Impress Corporation All rights reserved.