オンキヨー、THX Select準拠の7.1ch AVアンプ
―Ethernet音声プロトコル「Net-Tune」を初搭載


10月16日発売

標準価格:「Integra TX-NA900」200,000円
       「TX-SA800」135,000円

連絡先:カスタマーセンター
     Tel.0570-01-8111

 オンキヨー株式会社は、THX Select準拠のAVアンプ「Integra TX-NA900」と「TX-SA800」を10月16日に発売する。価格は、NA900が20万円、SA800が135,000円。


■ Integra TX-NA900

TX-NA900
 フロント2ch、センター1ch、サラウンド2ch、サラウンドバック2chの7.1ch AVアンプ。パワー部はディスクリート構成で、定格出力は各チャンネル145Wとなっている。同社のワイドアンプテクノロジ「WRAT」も採用。学習リモコンが付属する。

 THS Select認定を受けており、THXサラウンドEXをサポートする。そのほか、DTS 96/24、ドルビーデジタルEX、DTS-ES(ディスクリート/マトリックス)、MPEG-2 AAC、ドルビープロロジック II、DTS Neo:6に対応している。さらに、独自モードとして「Enhanced 7」、「Orchestra」、「Unpluged」、「Studio-Mix」、「TV Logic」、「All Channel Stereo」、「Mono Movie」を搭載する。

 DA部には、パルス性ノイズを除去するという「VLSC(Vector Linear Shaping Circuitry)」を搭載。これは、DAコンバータとベクトル発生器の比較情報を基に信号を生成することで、ノイズを含まない新たなアナログ波形を作り出すというもの。原音のしなやかさや力強さをより忠実に再現できるとしている。さらに、32bit DSPと192kHz/24bit DAコンバータを組み合わせることで「最強のデジタル処理回路を構築できた」としている。

 また、プリアンプの増幅度を通常はゼロに設定し、増幅が必要になると1dB〜16dBにリニアに増加させる「リニア・オプティマム・ゲイン・ボリューム」を採用。これにより、通常再生でのSN比が16dB改善されたという。さらに、スピーカーからの逆起電力の影響を防止するため、出力インピーダンスの低減と低NFB化を図っている。

 Ethernet経由で音楽ファイルやコントロール信号を通信できる独自プロトコル「Net-Tune」を採用し、パソコンやインターネットラジオとの接続が可能。MP3、WMA、WAVのデコーダも内蔵し、パソコンからダウンロードした音楽ファイルをドルビープロロジック IIやNeo:6といった回路で5.1ch化できる。Net-Tuneの対応OSは、Windows 98 SE/Me/XP。使用には専用のアプリケーションが必要で、Webでの無料配布も予定している。

 なお、Ethernetからの入力した信号はデジタル出力できない。また、Net-Tuneのロゴが付いた専用機でしか再生に対応しないという。

 各種設定はOSD(オンスクリーンディスプレイ)から可能。入力ソースごとに音量やモードを設定する機能も搭載している。スピーカーインピーダンス切り替えや、AVシンク、Pure Audioモードも装備する。

 そのほか、S映像信号やコンポジット信号をコンポーネントに変換して出力するビデオコンバータ機能を搭載。コンポーネント出力は、RCAとD4を各1系統搭載している。また、照明やAV機器の統合コントローラと接続するためのRS-232C端子も装備する。


■ TX-SA900

TX-SA900
 NA900との主な違いは、定格出力が145Wから130Wに引き下げられていること。さらに、Ethernetが省略され、Net-Tuneも使用できない。また、ビデオコンバータ機能、RS-232C端子も省かれている。

 そのほかの仕様はSA900とほぼ共通。THX Select認証、対応フォーマット、VLSC、リニア・オプティマム・ゲイン・ボリューム、WRAT、32bit DSPといった特徴は引き継いでいる。

主な仕様
 Integra
TX-NA900
TX-SA800
定格出力 145W×7ch 130W×7ch
ダイナミックパワー 220W×2 210W×2
ダンピングファクター 60W(8Ω)
周波数特性 10Hz〜100kHz
(CD、ダイレクトモード)
入力 コンポーネント
(RCA)
2
D4 2
S映像 6
コンポジット 6
同軸デジタル 3
光デジタル 5 4
アナログ2ch 10
アナログ7.1ch 1
出力 コンポーネント
(RCA)
1
D4 1
S映像 3
コンポジット 4
光デジタル 2 1
アナログ2ch 3
ヘッドフォン 1
7.1chプリアウト 1
ZONE 2 ラインアウト 1(2ch)
Ethernet
(Net-Tune)
RS-232C
消費電力 513W 460W
外形寸法
(幅×奥行き×高さ)
435×459×175mm
重量 18.4kg 17.3kg

□オンキヨーのホームページ
http://www.onkyo.co.jp/
□ニュースリリース
http://www2.onkyo.co.jp/what/news.nsf/view/tx_na_900_sa_800
□関連記事
【1月7日】オンキヨー、英Imergeと次世代オーディオで提携
―家庭内LANで音楽データを配信
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20020107/onkyo.htm
【2001年8月29日】オンキヨー、7.1ch入力対応THX Select準拠のAVアンプ
―DTS-ES、ドルビープロロジック IIにも対応
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20010829/onkyo2.htm

(2002年9月5日)

[orimoto@impress.co.jp]

I
◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】

00
00  AV Watchホームページ  00
00

ウォッチ編集部内AV Watch担当 av-watch@impress.co.jp

Copyright (c) 2002 Impress Corporation All rights reserved.