ヤマハ、DTS 96/24にも対応した8ch AVアンプ「DSP-AZ2」
―ローインピーダンス設計思想を採用


10月上旬発売

標準価格:180,000円

連絡先:AV・IT事業本部
    お客様相談センター
    Tel.0570-01-1808

 ヤマハ株式会社は、ローインピーダンス設計思想「ハイカレントアンプ・テクノロジー」を採用した8ch AVアンプ「DSP-AZ2」を10月上旬に発売する。価格は18万円。

 DSP-AZ2は、同社が2001年12月に発売したフラッグシップモデル「DSP-AZ1」(30万円)の設計思想を踏襲したミドルクラスのAVアンプ。最大の特徴は、デジタルセクションの高性能化によりアナログ回路の最短化を行なう同社独自の「デジタルマキシマムコンセプト」に加えて、ローインピーダンス設計思想「ハイカレントアンプ・テクノロジー」も投入したこと。「力強さと繊細さをあわせ持つ高音質を実現した」としている。

 ハイカレントアンプ・テクノロジーは、パワーアンプの理想とされる内部インピーダンス“0”を目指した設計思想。極太インレット電源ケーブルや、ローインピーダンス設計電源トランス、極太ジャンパーピン、アースポイント銅製専用部品などの様々なローインピーダンス設計部品を採用して、内部インピーダンスを上昇させる要因を排除。さらに、コンストラクションの見直しにより、アンプ内部の信号経路の最短化を実現したという。

 パワーアンプは、完全ディスクリート構成で、メイン2chはリニアダンピングサーキットとなっている。また、各々のパワートランジスタを役割ごとに、2つのアルミ削り出しのヒートシンクに振り分けて装着する新設計「ツインヒートシンク」を搭載。さらに、パワーアンプの電力供給部には、単体質量8.9kgの電源トランスや、専用の大容量ブロックケミコンが採用されている。

 音声フォーマットはドルビーデジタル、DTSに加え、「DTS-ES(ディスクリート/マトリックス)」、「ドルビーデジタル EX」、AAC 5.1、6.1チャンネル対応「AACドルビーEX」にも対応。さらに、2チャンネルソフトを5.1chチャンネル化する「ドルビープロロジック II」、「NEO:6」もサポートする。また、6chアナログ入力には、センターとサブウーファチャンネルをメインチャンネル(L/R)にダウンミックスする「6-4ダウンミックス」機能も搭載。大型メインスピーカー使ったHiFiオーディオシステムにも対応する。

 DSPは、DSP-AZ1同様メインLR/リアLR/センター/リアセンターにフロントエフェクトLRを加えた計8チャンネルの「8chシネマDSP」を装備。フロントエフェクトスピーカーから独立出力される「音場成分」により、「音場の高さや広がりをより正確に再現でき、高品位な音場再生が実現可能」という。

 AZ2では、ミュージックビデオをライブ感豊かに楽しめるという「MUSIC VIDEO」が加わった。また従来どおり、フロントスピーカーだけでサラウンドを再現する「バーチャル・シネマDSP」、サラウンドをヘッドフォンで再生する「サイレントシアター」も装備する。なお、「DSP LEVEL」パラメータにより、DSP音場効果の強さも加減できる。

 そのほかにも、S映像信号とコンポジット信号を双方向に変換するビデオコンバージョン回路を内蔵したほか、コンポーネント出力でのオンスクリーン表示にも対応した。また、音量調節は独自の「インテリジェント・デジタルボリューム」となっており、本体フロントパネルのボリュームノブ、付属のリモコンともに、短い操作では微妙に、長い操作では素早く音量調節ができる。

【主な仕様】

DSP-AZ2DSP-AZ1
(参考)
定格出力130W×6ch(6Ω、20Hz〜20kHz、0.02% THD)
+フロントエフェクト 25W×2ch(6Ω、1kHz、0.05% THD)
130W×6ch(6Ω、20Hz〜20kHz、0.015% THD)
+フロントエフェクト 45W×2ch(6Ω、20〜20kHz、0.05% THD)
実用最大出力180W×6ch
+フロントエフェクト 40W×2ch
200W×6ch
+フロントエフェクト 65W×2ch
ダイナミックパワー
(メインL/R動作時)
230W+230W(4Ω)
335W+335W(2Ω)
260W+260W(4Ω)
360W+360W(2Ω)
DTS 96/24
ドルビーデジタル EX
DTS-ES
MPEG-2 AAC
AAC Dolby EX
ドルビープロロジック II
DTS NEO:6
サラウンドプログラム3541
付属リモコンマクロ対応学習リモコンマクロ対応学習リモコン
照光機能付き
消費電力
(待機電力)
430W(0.6W)500W(1.4W)
外形寸法
(幅×奥行き×高さ)
435×453×191435×463×211
重量22.0kg28.0kg
【入出力端子】
入力音声アナログ11系統13系統
1系統(6ch INPUT)1系統(5ch INPUT)
光デジタル音声5系統7系統
同軸デジタル音声2系統3系統
AC3-RF1系統
映像コンポジット映像6系統8系統
S映像6系統8系統
コンポーネントビデオ2系統3系統
D端子2系統(D4)3系統(D5)
出力 REC OUTアナログ4系統5系統
光デジタル音声2系統
コンポジット映像2系統3系統
ZONE2 OUT 1系統
S映像2系統3系統
MONITOR OUTコンポジット映像1系統2系統
S映像1系統2系統
D端子1系統(D4)1系統(D5)
コンポーネントビデオ1系統
発売日2002年10月上旬2001年12月中旬
価格180,000円300,000円

□ヤマハのホームページ
http://www.yamaha.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.yamaha.co.jp/news/2002/02091301.html
□関連記事
【2001年10月3日】ヤマハ、AVアンプのフラグシップモデル
―8chアンプ搭載、DTS 96/24、AACにも対応
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20011003/yamaha1.htm

(2002年9月13日)

[furukawa@impress.co.jp]

I
◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】

00
00  AV Watchホームページ  00
00

ウォッチ編集部内AV Watch担当 av-watch@impress.co.jp

Copyright (c) 2002 Impress Corporation All rights reserved.