◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
ケンウッド、外付け型のNet MDドライブ
−録音機能を省いて低価格化


11月下旬発売

標準価格:オープンプライス

連絡先:カスタマーサポートセンター
 東京 Tel.03-3477-5335
 大阪 Tel.06-6394-8085


 株式会社ケンウッドは、外付けタイプのNet MDドライブ「DM-1NET」を11月下旬に発売する。価格はオープンプライスだが、店頭予想価格は25,000円前後の見込み。月産台数は、1,000台を見込んでいる。

 DM-1NETは、USB 1.1でPCと接続するNet MDドライブで、OSはWindows 98 SE/Me/2000/XPに対応する。付属ソフト「Mulia」を使って、パソコン上の音楽ファイルをMDにチェックアウトでき、LP4相当の音楽データで最大32倍速、LP2相当では最大16倍速で転送する。

 同社では、「ポータブルMDなどのMD再生機器と、PCを既に所有しているユーザーに向けて、Net MDのネットワークオーディオ機能をリーズナブルに提供する」ことを狙いとしている。

 縦置き・横置き可能な設計となっており、縦置き用スタンドと、横置き用クッションが付属。PCと接続しなくでも単体でMD再生が可能だが、録音機能は備えていない。オーディオ出力端子は、ステレオミニジャック。外形寸法は、42.5×200×125mm(スタンド、クッション含まず)、重量は1.0kg(本体のみ)。電源は、付属のACアダプタで供給する。

 付属ソフトMuliaは、同社開発の音楽管理アプリケーションソフト。音楽CDからのATRAC3データの作成や、WAV/MP3形式の音楽データも再生およびチェックアウトすることが可能。そのほかにも、CDDB接続機能や、プレイリスト機能に加え、MD内の音楽データをドラッグ&ドロップで曲順変更したり、グループ機能の編集もできる。

 また、同社独自のデータの圧縮によって失われる高音域の周波数を推測し補間する「Supreme2」も搭載。「ATRAC3/MP3ファイルをより原音に使い音質で再現する」としている。なお、Supreme2はPC内のファイルにのみ対応し、MD再生には適用できない

□ケンウッドのホームページ
http://www.kenwood.com/jhome.html
□ニュースリリース
http://www.kenwood.com/j/press/press20021030.html

(2002年10月30日)

[furukawa@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00