◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
NEC、エントリー向けのハードウェアMPEG-2キャプチャカード
--ソフトを一新し、プログレッシブ対応や編集機能を搭載


11月28日発売

標準価格:オープンプライス

連絡先:NEC121コンタクトセンター
     Tel.0120-977-121


 NECは、ハードウェアMPEG-2エンコーダを搭載したTVキャプチャカード「SmartVision HG」を11月28日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は33,000円前後の見込み。対応OSはWindows Me/2000/XP

NEC製のエンコーダチップやCONEXANT製のデコーダチップを搭載

 NEC製のハードウェアMPEG-2エンコーダを搭載したTVキャプチャカード。6月より販売している同社製キャプチャカードの最上位モデル「SmartVision HG/V」から3次元Y/C回路など一部のチップやTV出力端子を省き、ソフトウェアを簡易編集機能や同時録再機能などを備えた「SmartVison 2.0」にアップデートした。

 デジタルノイズリダクション、タイムベースコレクタなどの機能は「SmartVision HG/V」を引き継いでおり、入力端子は、コンポジットとS映像、アナログステレオ音声を装備する。チャンネル切り替えや、録画、再生などの基本操作が行なえるリモコンも付属する。

 キャプチャ解像度は、MPEG-2は720×480/352×480/352×240ドット、MPEG-1は352×240ドット。ビットレートは、MPEG-2のCBRでは2〜15Mbps、VBRでは1.2〜7.5Mbps(平均)。MPEG-1は1.15Mbps(ビデオCD)となっている。


S映像入力やコンポジット入力を装備 リモコンも同梱される

 TV録画ソフトは「SmartVision 2.0」にアップデートされており、映像のプログレッシブ表示に対応したほか、GUIを大きく変更。「フルスクリーン」、「スリムモード」、「ノーマルモード」、「アドバンスモード」の4つのモードが選択できる。番組表とテレビ映像の同時表示も可能となった。アドバンスモードでは、新たに搭載した編集機能も利用でき、CMカットや簡単な編集などが行なえる。

 また、LAN上の他のPCから録画設定などが行なえ、録画済みの番組については、従来モデルと同様に他のPCからの視聴が可能(同時視聴は1台のみ)。新たに、MPEG-2のライブ放送も他のPCから視聴できるようになった。また、録画した番組をWMVに変換する機能も新たに搭載した。

 タイムシフト機能やシーンインデックス、音声付き変速再生機能(0.1〜2.0倍)などの機能は従来どおりで、EPGも引き続きADAMS-EPG(+)に対応している。ビデオ編集ソフト「DVD MovieWriter for NEC」が付属する。

 また、SmartVision HG/Vユーザー向けに、ソフトウェアをアップグレードする「SmartVision2.0アップグレードキット」も12月25日より提供開始する。価格はオープンプライスで店頭予想価格は4,000円前後の見込み。ソフトウェアDVDプレーヤー「WinDVD 4 for NEC」が付属する。

□NECのホームページ
http://www.nec.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.nec.co.jp/press/ja/0211/2201.html
□「SmartVision」のホームページ
http://121ware.com/smartvision/
□関連記事
【5月10日】NEC、ハードウェアエンコーダ/デコーダ採用「SmartVision」
―GRT、3次元Y/C分離、TBCも搭載
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20020510/nec1.htm

(2002年11月22日)

[AV Watch編集部/usuda@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00


Copyright (c) 2002 Impress Corporation All rights reserved.