◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
ビクター、HD映像をリアルタイムエンコード可能なPCIカード
−PCでHD映像をMPEG-2 TSに圧縮し、HDDに記録


11月10日発売

標準価格:オープンプライス

連絡先:お客様窓口 システム営業本部
    Tel.0426-60-7292


 日本ビクター株式会社は、PCでHD映像をMPEG-2フォーマットにリアルタイムエンコードできるPCIバス対応のエンコーダカード「DM-PC500」を11月10日に発売する。価格はオープンプライスだが、予想販売価格は300万円弱の見込み。対応OSはWindows 2000 Professional。

 業界で初めて、PCでHD映像をMPEG-2にリアルタイムでエンコード可能な業務用のPCIバス用エンコーダカード。従来、HD映像のリアルタイムエンコードには放送局用の大型システムが利用されていたが、同エンコーダカードを使えば、PCで手軽にHD映像をMPEG-2 TSに圧縮しHDDに保存できる。

 入力信号は、映像がSMPTE292規格に準拠したHD SDI信号と、音声がSMPTE299Mに準拠したエンベデッドに対応。映像をMPEG-2に、音声をMPEG-1に圧縮し、MPEG-2システム規格に準拠したMPEG-2 TS信号としてDVB/ASI規格により出力する。

 映像は1080iと720pに対応し、ビットレートは1080iが9〜40Mbps、720pが6〜40Mbps。音声はMPEG-1 Audio LayerII、ドルビーデジタル、AAC、リニアPCMをサポート。出力するMPEG-2 TSのビットレートは、9.7〜50Mbps。

 カードの外形寸法は126.5×353×37(幅×奥行き×厚さ)で、重量は435gとなっている。

□日本ビクターのホームページ
http://www.jvc-victor.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.jvc-victor.co.jp/press/2003/dm-pc500.html

(2003年11月10日)

[AV Watch編集部/yamaza-k@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.