◇ 最新ニュース ◇
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】
【Watch記事検索】
ワーナー、CCCDを終了。昨年12月から新譜は通常CDに
−HDDプレーヤーなど音楽再生環境の変化に対応


1月28日発表


 ワーナーミュージック・ジャパンは28日、2002年より導入していたコピーコントロールCD(CCCD)の生産を終了し、2004年12月以降の新譜については全て通常のCDで発売することを明らかにした。

 同社ではCCCD廃止の理由について、「2002年の導入当時は、私的複製の範囲を明らかに超えたCD-Rへの複製行為や、インターネットを通じた違法なファイル交換が蔓延し、一般ユーザーの著作権に対する認識は希薄だった。しかし、著作権保護に対する意識は徐々に高まり、違法行為に関しても一時の混乱期を脱したと思われる。また法的環境の整備も進んでいることから、CCCDは一定の成果をあげたものと判断した」と説明。

 さらに、「HDDやフラッシュメモリを記録媒体としたポータブルデバイスのさらなる普及も予想されるなど、音楽を楽しむ環境が大きく変わろうとしている。CCCDではパソコンへの取り込みを行なうことができず、ユーザーのニーズに応えることができなくなった」と、デジタルオーディオプレーヤー市場の拡大や、ユーザーニーズを受けてCCCDの終了を決定したという。

 CCCDについては、エイベックスが昨年9月から、一律CCCDの方針を改め、現場スタッフの決定で通常CDなどの選択を可能としたほか、SMEも独自のレーベルゲートCDを11月に終了し、通常CDのリリースに切り替えている。

□ワーナーミュージックのホームページ
http://wmg.jp/
□ニュースリリース
http://wmg.jp/cccd/
□関連記事
【2004年9月17日】エイベックス、CCCDの採用を弾力化。現場スタッフが採用決定
−HDDプレーヤーへの対応を重視。SACDやDVDオーディオも積極採用
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20040917/avex.htm
【2004年9月30日】SME、CCCDの「レーベルゲートCD」を終了へ
−11月17日より全タイトルを通常の音楽CDでリリース
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20040930/sme.htm

(2005年1月31日)

[AV Watch編集部/usuda@impress.co.jp]


00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.